北海道日本ハム、即戦力ドラフトでもルーキーは2軍スタート

北海道日本ハムルーキーニュース

北海道日本ハムは春季キャンプの1軍、2軍メンバーを発表した。生田目翼投手、今井順之助選手、万波中正選手などが1軍スタートとなり、ルーキーは全員2軍スタートとなった。

ルーキーは全員2軍スタート

北海道日本ハムはこれまで、ルーキーは基本的に2軍キャンプからスタートをしており、昨年も吉田輝星投手、生田目翼投手など全員が2軍キャンプスタートをしていた。それでも2017年に石井一成選手、2018年には清宮幸太郎選手が1軍キャンプスタートとなっていたが、今年は10人全てが2軍スタートとなる。

北海道日本ハムは昨年のドラフト会議で、1位で河野竜生投手、2位で立野和明投手を指名し、4位、5位でも鈴木健矢 投手、望月大希投手、6位、7位では捕手の梅林優貴選手と外野手の片岡奨人選手を指名し、育成でも大学・独立リーグの3選手を指名、10人中高校生は上野響平選手1人という即戦力指名を行った。特に1位の河野投手、2位の立野投手は社会人でも実績のある投手で1軍キャンプスタートかと思われたが、今年は全員2軍スタートとなり、あらためてスタートラインは同じという意識が、上位指名者にも下位指名者にも植えつけられる事になる。

1軍には斎藤佑樹投手や上原健太投手、鈴木遼太郎投手、玉井大翔投手などが入った。1軍は名護で、2軍は国頭でキャンプを行うが、メンバーは不定期に入れ替わるとしている。まずは1軍キャンプの参加を実力で勝ち取っていく。

北海道日本ハムファイターズ、過去のドラフト指名
1軍キャンプからスタートするルーキー2020

斎藤佑樹投手、杉浦稔大投手、万波中正外野手らは1軍スタート。柿木蓮投手、吉田輝星投手、清宮幸太郎内野手らはファームからとなった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント