JABA京都大会、NTT西日本・浜崎浩大投手が8回1安打完封、その他好投した投手など

平川貴大, 浜崎浩大, 山田和也, 緒方悠, 土肥星也, 北出浩喜, 猿渡眞之, 榎本亮

 JABA京都大会は予選リーグ2日目が行われ、NTT西日本は浜崎浩大投手が7回までノーヒットノーランを継続するなど8回を1安打に抑え、三菱日立パワーシステムズ横浜に8回コールドで勝利した。

好投したとみられる投手

 浜崎浩大投手は4年目の投手で、東日本国際大時代はエースとして大学野球選手権の常連の投手だった。175cmで最速も140km/hだが、ピッチングを良く知っており変化球を入れるタイミングが素晴らしく、大学では大エースとして活躍していた。球威や体では評価されにくいが、実績を積み続けたい。

 三菱自動車神戸・高砂は2年目右腕の山田和也投手が先発してシティライト岡山を6回まで無失点に抑えている。山田投手は筑波大出身で最速145km/hの速球を投げる。守安玲緒投手が獅子奮迅の働きをするチームの中で、エースを奪う成長を見せることができるか注目したい。

 大阪ガスは4人の投手リレーで三菱自動車岡崎を完封した。先発したのは平川貴大投手で、同志社大時代はエースとして147km/hの速球を投げる本格派として注目された。3番手では6年目の149km/h・緒方悠投手、そして4番手では4年目の146km/h右腕・猿渡眞之投手が登板した。社会人の年数は長いものの、この二人は高校卒で社会人入りしており、まだ年齢的には若い。昨年の石崎剛投手(阪神ドラフト2位)のように、都市対抗などでリリーフで抑え続ければ評価も挙がるだろう。

 そして2番手では185cmの大型左腕・土肥星也投手が登板した。尽誠学園出身の2年目の投手で来年がドラフト解禁となる。高校時代は武田浩輝投手(愛知産業大)と共に左右のエースとして注目されたが、3年時はフォームの改造がうまくいかずに結果を残せず社会人入りしていた。大型左腕という事で、社会人で成長してほしい投手。

 パナソニックも継投で三菱自動車倉敷オーシャンズに4-2で勝利した。先発したのは昨年まで佛教大のエースとして活躍した榎本亮投手、また149km/hを投げる1年目の北出浩喜投手も登板しており、今年、チームのメンバーを大きく入れ替えたパナソニックで1年目投手が躍動している。来年が楽しみな投手。

2015年度-社会人投手のドラフト候補リスト

2016年度-社会人のドラフト候補リスト

 


PAGE TOP