JR東日本がメジャーFA未契約選手と対戦、0-2で敗戦

JR東日本

フロリダで合宿をしているJR東日本は、メジャーリーグでFAをしながら移籍先が決まっていない選手のチームと対戦し、0-2で敗れた。

6回制

試合の詳細はわからないが、試合はMLBの選手会チームが2-0で勝利した。敗れたJR東日本の堀井監督は、「今日の経験は一生に何回もない。選手は相手の技術や体の強さ、闘争心を感じてほしい」と話した。

MLBチームは、レッドソックスでワールドシリーズ制覇に貢献したサルタラマッキア捕手などが先発出場したという。

JR東日本には、太田龍投手や山口裕次郎投手、永谷暢章投手などプロが注目している投手や、糸野雄星選手、丸子達也選手などパワーのある若い打者が多い。この日の試合を刺激に、今年のシーズンにどんな活躍を見せてくれるか注目したい。

JR東日本のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

無所属FA選手、JR東日本との練習試合に勝利 スポーツ報知紙面 2018/3/1

 


PAGE TOP