日本製鉄東海REXの148キロ左腕・松向輝投手が8回途中8K2失点、中日が評価

中日ドラフトニュース 社会人野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース

都市対抗東海地区2次予選が開幕し、日本製鉄東海REXの148キロ左腕・松向輝投手が7回1/3を2失点に抑える好投を見せた。

スポンサーリンク

調子は良くなかった

松向輝投手は市立岐阜商から入部し今年で4年目となる左腕投手。最速148キロの速球を投げ、昨年もドラフト候補だった。

この日の2次予選初戦の東海理化戦で先発を任せられると、「最初の一人が大事だと思っていた」と初回の先頭打者から空振りを奪い、ガッツポーズを見せた。「ストレートが全然ダメで調子は良くなかった。」と話したものの、3回2アウト2塁の場面えも144キロのストレートで見逃し三振を奪った。

最速は145キロを記録し、カットボール、ツーシームの動く球主体のピッチングで、7回1/3を5安打8奪三振2失点。8回は1アウト満塁のピンチとなり悔しい降板となったが、しっかりと試合を作って3-2でチームに勝利をもたらした。「自分の持ち味の強気の投球で、大崩れせずに試合をつくれて良かった」と話した。

この日、視察した中日の米村チーフスカウトは「コントロールが良く、以前に見た時よりも調子は良かったように感じた。あとは落ちる球があれば、投球の幅が広がる」と話し、地元の好投手を評価した。松向投手は9月2日に中日の2軍とプロアマ交流戦を行い、5回6安打3失点の粘りの投球を見せていたが、それよりも良かったと話した。

松向投手は「小さいころからプロが夢だけど、試合で良い投球をした結果、プロにつながればいい。次は最後まで投げきれるように調整したい」と話し、プロへの思いを持ちつつ、都市対抗本戦出場に全力を傾ける。

2020年度-社会人投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2020年度-東海地区のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

中日の米村チーフスカウトは「コントロールが良く、以前に見た時よりも調子は良かったように感じた。あとは落ちる球があれば、投球の幅が広がる」と評価した。

今月2日には中日とのプロアマ交流戦に先発し、5回6安打3失点と粘投した。「プロは小さい頃からの夢。でも行きたい、行きたいではなく、しっかりと試合に投げて結果を残すこと。その結果がプロにつながると思う」。チームを3年ぶり14回目の都市対抗大会出場に導くことが、個人目標達成への一番の近道となる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント