国士舘大の146キロ右腕・赤羽陸投手に3球団視察し巨人「中継ぎに適性」

2020年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

東都リーグ2部が開幕、国士舘大は146キロ右腕の赤羽陸投手が先発し、7回途中を1失点に抑えた。3球団が視察し巨人が高く評価をしている。

市和歌山時から注目

赤羽陸投手は179cm72kgのスラっとした体から、しなやかなフォームで最速146キロの速球を投げる。市和歌山時代も3年の春・夏の甲子園に出場し、最速145キロを記録する注目投手として各球団が視線を送っていた。

高校時代は142キロくらいの球を投げていたが、「高校時代は直球で押していく投手だった」と話す。しかし国士舘大では元プロの辻監督から投球術や考え方を学び、カットボールを習得するなど投球の幅を広げてきた。

この日は大学最後のリーグ戦が開幕、拓殖大を相手に先発をすると、144キロのストレートに多彩な変化球を折りまぜ、6回2/3で8つの三振を奪った。6安打を許したものの要所でしっかりと締め1失点、「走者を出しても点を与えなければ良いという気持ちで投げた。腕の振りや体の回転を工夫して打者の想像以上のスライダーを投げられたと思う」と話した。

この日は3球団のスカウトがこの投球を見たが、巨人の青木スカウトは「スライダーやカットボールを投げる時も腕を振れるから三振が取れる。下級生の時から見ているが、球速も上がっている。中継ぎにも適性がありそうです」と評価した。

リリーフで出てきて多彩な変化球で1回から2回を淡々と抑えるような、そういうタイプの投手としてプロで活躍ができるかもしれない。赤羽投手はまだプロ志望をしていないが、「あと1試合投げてから監督と相談して決めたい。プロでやるためには直球のスピードがもう少し必要。150キロに近い球を1球でも投げたい」と話した。

2020年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2020年度-東都大学リーグのドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

 スタンドで視察した巨人・青木高広スカウトは「スライダーやカットボールを投げる時も腕を振れるから三振が取れる。下級生の時から見ているが、球速も上がっている。中継ぎにも適性がありそうです」と評した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント