パナソニック補強・松永昂大投手(大阪ガス)が7回9奪三振!秋吉亮投手も146kmでピシャリ!

大阪ガス, 松永昂大, 秋吉亮, パナソニック

 都市対抗野球は2回戦のパナソニックvsJFE西日本の対戦が行われ、パナソニックの先発は大阪ガスから補強のプロ注目の松永昂大投手、初回に146kmをマークするストレートで押すと2回にはストレートで追い込みキレの良い大きなスライダーで3者連続三振に切って取った。その後も要所で140km中盤のストレートを投げ、8回ノーアウトまでの7回0/3を5安打9奪三振で無失点に抑える好投を見せた。

 8回1アウト1,2塁の場面でパナソニックの秋吉亮投手が登板するとサイドからのストレートでダブルプレーでピンチを切り抜け、9回は最速146km、常時145km前後のストレートとシンカーで2つの三振を奪い1回2/3をノーヒット2奪三振1四球という内容だった。

 松永投手は関西国際大時代からプロ注目の投手でドラフト上位にも名前が挙がったが、プロ入りを拒否し大阪ガスへ入社した。大阪ガスでも147kmのストレート投げ、阪神などが注目している。ストレートは140km中盤を投げ、また大きなスライダーも空振りを奪える球で、今日の投球ならばプロでもすぐに活躍できる。ドラフト上位候補といえる。

 また秋吉亮投手はリリーフとして登板したが、ストレートは常時145kmをマーク、サイドスローだが球の力で勝負するタイプだ。またシンカーは空振りを取るような大きな変化は無いものの、145kmのストレートを見た後に投げられるとタイミングを外され内野ゴロに打ち取られる。こちらもドラフト中位で指名されるだろう。


PAGE TOP