早大・有原航平投手、本調子じゃなくても結果残す、中村奨吾選手も好プレー

有原航平, 中村奨吾, 早稲田大

 東京六大学リーグでは優勝をかけた早慶戦が行われ、4-3で早稲田大が勝利し優勝に王手をかけた。ドラフト会議で1位指名された有原航平投手、中村奨吾選手は本調子ではなかったものの、勝利に貢献している。

球威無いながらも

 早稲田大は3-2と勝ち越した7回から有原航平投手を3番手としてマウンドに送り出した。ドラフト指名で北海道日本ハムから1位指名を受けた後の初の投球となった有原航平投手、最速156km/hの速球を持つが球速は140km/h前後、腕も思い切り振りきれていないような状態で、やや不安も見せた。

 それでも「スピードも全然出ていなかったから、粘り強く、低めに投げようと思った」と話すように、スライダーや得意のチェンジアップを低めに投げて抑えると、8回には球速も140km/h中盤から終盤を記録するようになり、最速で148km/hを記録した。

 そして9回は先頭打者にホームランを浴びて4-3と1点差となり、四球2つを与えてノーアウト1,2塁のピンチを背負ったが、そこから無失点で切り抜けて優勝に王手をかける1勝を挙げた。

 視察に訪れた北海道日本ハム・大渕隆アマスカウトディレクターは「ダルビッシュみたいに剛球を使えなくてもコースを突く投球を確立できたのでは」と話し、本調子でなくともコントロールでも勝負できる右腕を評価していた。

 

中村奨吾選手、ノーヒットも好守備見せる

 また、千葉ロッテからドラフト1位指名を受けた中村奨吾選手は、打席ではチャンスに登場するも3打数ノーヒットに終わった。しかし送りバントでチャンスを作るなど、チームの勝利に徹していた。

 また守備では9回の併殺もそうだが、取ってから素早くファーストへ強い送球をしてきっちり併殺を完成させるなど、守備でレベルの高いプレーを見せた。千葉ロッテの永野吉成チーフスカウトは「彼はケガをしないのが一番の武器。ボディーバランスがいい」と話し、こちらも評価をしていた。

 

優勝のゆくえ

 慶応大は谷田成吾選手が4打数2安打、横尾俊建選手が3打数2安打2打点と奮闘したものの敗れ、これで優勝は無くなった。今日の早慶戦2回戦で早稲田大が勝てば早稲田大の優勝、慶応大が勝てば明治大の優勝となる。

 

 7回に登場すると、神宮が沸いた。先頭を空振り三振に斬ると、8回には春に逆転2ランを許した竹内惇に最速148キロを記録し、空振り三振に。大竹耕太郎、竹内諒の1、2年生から託されたバトン。「先輩として抑えないわけにはいかなかった」。右肘違和感で調整が遅れ、完調には程遠い。それでも支えてくれたナインのため、1点を守り抜いた。

 スタンドで見守った日本ハム・大渕隆アマスカウトディレクターは「ダルビッシュみたいに剛球を使えなくてもコースを突く投球を確立できたのでは」とかつてのエースと重ね合わせた。

 早大側の一塁内野席で観戦したロッテの永野吉成チーフスカウトは「彼はケガをしないのが一番の武器。ボディーバランスがいい」と変わらぬ評価を口にした

 「勝ってよかったです。苦しい中、みんなが最少失点でつないでくれた。少ない点数で抑えてやろうと思いました」


PAGE TOP