明治大・柳裕也投手が3安打15奪三振完封、法政大は佐藤竜一郎選手が4番で3打点

明大, 法大, 柳裕也, 玉熊将一, 佐藤竜一郎

 東京六大学の新人戦2日目、明治大と法政大が勝利した。

明治大・柳裕也投手

 明治大の柳裕也投手が先発すると、昨日慶大に勝利して勢いに乗る早大打線をわずか3安打、15三振を奪って完封勝利を挙げた。持ち前の伸びるストレートは最速は145km/hを記録し、2種類のカットボールが低めの両サイドにコントロールされ、早大打線は手も足も出ずに抑えられた。

 柳投手は「15なんて人生で一番多い数です。三振を取る投手じゃないけど、両コーナーに振り分けられた。真っすぐが良かったです。」と話し、善波監督も「低めに制球できていた。変化球でもしっかり腕が振れますから。」と評価した。来年、明大は春のエースとして活躍した4年生の関谷亮太投手が抜け、左腕エースの山崎福也投手に続く投手が課題となるが、今季防御率0.88で2位となった2年生の上原健太投手や柳裕也投手とまだまだ層が厚い。

法大は打撃のチーム

 法政大は立教大と対戦し10-6の乱打戦で勝利した。法政大は今年は大城戸匠理選手、河合完治選手、西浦直亨選手、木下拓哉選手とドラフト候補カルテットの打撃力で春の秋も優勝争いを見せた。この日も作新学院出身の2年生・佐藤竜一郎選手が4番に座り、6回に2ベース、8回には満塁の走者一掃となる3ベースを打って5打数3安打3打点を記録、チーム全体でも11安打で10得点を挙げた。

 佐藤竜一郎選手は作新学院時代に甲子園でホームランを放ち、遊撃手としても広い守備範囲でプロから注目された180cmの大型遊撃手で、同じく4番を打ち、今年東京ヤクルトからドラフト2位指名された大型遊撃手・西浦直亨選手の後継者と評価されている。2015年のドラフト上位候補内野手だ。

 しかし法政大は投手が課題となりそうだ。今季も4年生のエース・船本一樹投手が勝ちきれず、3年生で来年のドラフト1位候補・石田健大投手も秋は2勝1敗だった。この日も3番手の玉熊将一投手(北海高校出身)は3回を1安打3奪三振に抑えたものの、他の3投手が6失点とまだ課題が残った。

 明大の横浜高出身の柳が、奪三振ショーを演じた。5回まで一人の走者も許さない完全投球。6回に初安打を許したが終わってみれば3安打15奪三振で完封。119球を投げきり「調子は結構良かった。三振はこんなに取ったことはない。野球人生で一番多いかもしれない」と笑顔を見せた。140キロ台中盤の直球を軸に「大きい曲がりと小さい曲がりで握りを変える」という2種類のカットボールを両コーナーに制球。無四球のおまけつきだった。「六大学に来てレベルの高さを痛感している。もっと頑張らないと」と話す1年生に、善波達也監督は「柳は変化球でも腕が振れる。いい成長ぶりだった」と目を細めた。


PAGE TOP