青山学院大が推薦合格発表、大阪桐蔭・葛川知哉投手、花咲徳栄・関口明大投手、常葉菊川・遠藤康平選手など9人が合格

高校野球ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 2017年ドラフトニュース 2013年ドラフトニュース

 青山学院大学もスポーツ推薦の合格者を発表し、投手3人、捕手1人、内野手4人、外野手1人の合計9選手の合格を発表した。

実績十分の投手陣

 大阪桐蔭の葛川投手は藤浪晋太郎の後を継ぐ今年の大阪桐蔭のエースとして春、夏の甲子園で登板した。サイドスローから、左右に曲がる球と144km/hの速球で実戦経験十分の投手。ただし中学時代から期待されながら、もう一皮向けることができなかった感じもある。青学大では福島由登投手のように大学で成長を見せて欲しい。

 花咲徳栄の関口明大投手は、昨年秋に140km/h中盤の速球を連発して注目されたが、センバツではフォームを崩していて、初戦の県岐阜商戦で8回11安打7失点と苦いマウンドとなった。その後、精神的ダメージもあったが夏の大会では再び球速が140km/h中盤をマークすると、若月健矢捕手(オリックスドラフト3位)のリードもあり完封するなど安定したピッチングを見せていた。苦しみを乗り越えてフォームを掴んだようで、1年目から活躍が期待できる。

 盛岡大付の及川豪選手も173cmの小柄な左腕だが、センバツでは敦賀気比を相手に5回3失点と粘りの投球を見せている。

充実の内野手

 また内野手では4人を補強している。敦賀気比の山田誠也選手は183cmの大型内野手で、センバツでは聖光学院戦で1試合2本塁打を記録したパワーヒッター、常総学院の吉沢岳志選手は夏の大会で捕手や4番など負担の大きい内田靖人選手(東北楽天ドラフト2位)に変わって主将となりチームを引っ張った。

 そして、常葉菊川の遠藤康平選手は、50m6秒の足と遠投100mの強肩、それに長打力もある遊撃手としてプロが注目した選手。充実の内野陣が加わる事になった。

青学時代も

 投打に素質の高い選手が入部する事になり、東洋大、亜大と続く東都の覇権争いに、青山学院大が食い込んでくる事が予想される。

ポジション名前出身特徴短評
投手葛川知哉大阪桐蔭180cm82kg 右右2年夏、3年春と甲子園に出場、経験十分でプロも注目した144km/hの本格派左腕
投手関口明大花咲徳栄179cm76kg 右右実戦経験浅いが3年夏は正捕手、リリーフでマウンドに登り150km/h記録
投手及川豪盛岡大付178cm80kg 左左最速143km/hの左腕で、高校通算30本以上の長打力に足もある外野手
捕手小坂井智朗日大藤沢180cm78kg 右左通算28本塁打と長打力と確実性のあるバッティングが光る
内野手山田誠也敦賀気比183cm80kg 右右センバツの聖光学院戦で1試合2本塁打記録、甲子園スタンドの中段に
内野手遠藤康平常葉菊川175cm72kg 右右50m6秒と遠投100mに長打力も光る3拍子揃った遊撃手 
内野手西村大樹聖光学院174cm74kg 右右聖光学院の1番遊撃手、夏は7打数1安打も俊足で内野安打記録
内野手吉沢岳志常総学院176cm70kg 右右内田靖人選手に変わり主将を務める。夏の甲子園は14打数2安打も遊撃手守る
外野手高島翔太常総学院176cn77kg 左左夏の大会は1番を打ち19打数6安打、2ベース、3ベースなど長打力もある 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント