法政大・熊谷拓也投手が152キロ、連日のパーフェクトリリーフ

大学野球ドラフトニュース 2018年ドラフトニュース 2017年ドラフトニュース

法政大の熊谷拓也投手が、先日の2回パーフェクトリリーフに続き、この日は最速152キロを記録して2回パーフェクトリリーフを見せた。

覚醒も

熊谷投手は180cmの右腕で。高校時代からバランスの良いフォームに注目されていた。大学では2年生春に先発に入り3勝1敗、2年秋は2勝4敗を挙げたが、昨年は春秋合わせて1勝5敗と結果を残せなかった。それでもリリーフで151キロを記録するなど、成長の道は進んでいた。

今季も開幕の早稲田大、次週の立教大のカードで先発をしたものの2敗、序盤で失点して降板するなど結果を残せなかった。しかしこの明治大からはリリーフに回ると、前日は2回ノーヒット3奪三振、そしてこの日も2回ノーヒット3奪三振で共にパーフェクトリリーフを見せた。

短いイニングを全力で投げる方が、今のところは良いもかもしれない。この投球を続けていければ、ドラフト会議でも上位に入ってくる可能性がある。昨年の星知弥投手のようにリリーフから調子を掴み、最後は先発で結果を残してドラフト2位でプロ入りという事になるかもしれない。

来年のドラフト候補も

また法政大は、先発した3年生の菅野秀哉投手が7回4安打7奪三振無失点で今季初勝利、軽いヘルニアで今季は出遅れていた。最速150キロの本格派右腕は、来年はドラフト上位候補の一人として名前が挙がってくる。

また同じく来年の注目選手の一人、大西千洋選手は6番ライトで出場し3打数3安打1打点と活躍を見せた。1年時より俊足に打撃センスのある選手として注目されている選手。こちらももっともっと活躍をしてほしい。

2017年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト

2018年度-大学生のドラフト候補リスト

法政大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

軽いヘルニアで開幕を出遅れ、やっと本来の投球を取り戻した。「僕が主戦で投げないといけないのに(今季1勝は)遅すぎますね」と初勝ち点を挙げても会心の笑みはない。

今季初先発の法大・菅野が、七回一死満塁をピンチを三ゴロ併殺で切り抜け、7回4安打無失点で初勝利を挙げた。腰のヘルニアで2カ月休み、投球練習開始は3月末と出遅れただけに「主戦でいかないといけない立場なので、もっと頑張らないと」とうなずいた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント