法政大が練習納め、来年3年の村田雄大選手がポスト中山へ意気込み

法政大, 福田光輝, 村田雄大

秋の東京六大学リーグで優勝をした法政大が、今年の練習を終えた。来年3年生になる村田雄大選手が、4年生が抜ける主軸に名乗りを挙げた。

リーグ戦未出場も

法政大は秋のリーグ戦で優勝を収めたが、1,2年生投手の活躍とともに、主軸を務めた4年生の向山基生選手、中山翔太選手の働きが大きかった。来年はこの二人が抜け、鍵は打線と見られるが、主軸の打席の獲得に、来年3年生になる村田雄大選手が名乗りを挙げた。

村田選手は横浜高校時代に主軸を打ち、右の大砲として甲子園でも特大のホームランを放った。しかし、大学では壁を超えることができず、2年生を終えてもまだリーグ戦未出場となっている。それでも青木監督は、「調子いいので楽しみ」と話し、村田選手に期待を寄せる。村田選手は11月末に野球教室に参加したが、そこで打撃のお手本としてティーバッティングを見せたところ、なんとバックスクリーンのボード直撃の当たりを見せ、青木監督も「凄い当たりだった」と驚いたという。

村田選手も現在は、中山選手が受けたように、青木監督に自ら懇願してマンツーマンの打撃指導を受けているという。この冬はフォーム改良に取り組み、左手や下半身の使い方の修正行う。「2年間何もしていないので、貢献したいです」と意気込みを見せた。

福田選手が主将

また法政大は福田光輝選手が主将務める。福田選手は、大阪桐蔭時代に2年生でショートのレギュラーを取り、3学年上の千葉ロッテの香月選手、横浜DeNAの青柳選手、そして今年広島にドラフト会議で指名された正随選手と一緒にプレーし、夏の甲子園で優勝をした。3年時には大阪桐蔭でも主将を務め、勝俣翔貴選手や平沢大河選手などとともにU18代表に入り、甲子園で行われたU18W杯も戦っている。

福田選手は「ぶれずに強い気持ちを持って。打って、守って、積極的にいきたいです」と話し、自らがプレーでチームを引っ張っていく決意を示した。

1年生の三浦銀二投手や2年生の高田孝一投手、石川達也投手など、下級生投手がチームを支える中で、主将として、打線として投手を援護できるかどうかが、リーグ連覇のポイントとなる。

法政大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

ヤクルトにドラフト2位で入団した中山の後継となる4番候補に、青木久典監督は2年生の村田を挙げ「調子いいので楽しみ」と期待を寄せた。

福田は大阪桐蔭の2年夏に、遊撃手のレギュラーで全国制覇を達成した。1学年上のロッテ香月、広島から6位指名された亜大・正随、同学年のDeNA青柳らと打線を形成し、攻守で優勝に貢献した。大阪桐蔭でも主将を任された福田は「ぶれずに強い気持ちを持って。打って、守って、積極的にいきたいです」と話した。


PAGE TOP