大学生投手のドラフト候補、明大・森下投手が頭一つ抜き出たか

吉田大喜, 大関友久, 原田泰成, 森下暢仁, 杉山晃基, 大西広樹, 坂本裕哉, 津森宥紀, 稲毛田渉, 北山比呂, 村西良太

今年の大学生投手のドラフト候補たち、明治大の森下暢仁投手が頭一つ抜き出た形となったが、これから本番を迎えていく東北福祉大・津森宥紀投手が追い上げるか。

森下投手が抜き出る

ドラフト会議では主役になることの多い大学生投手、今年も明治大・森下暢仁投手、東北福祉大・津森宥紀投手、東海大・原田泰成投手、創価大・杉山晃基投手、日体大の北山比呂投手、立命大・福島滉貴投手、近大・村西良太投手、大商大・大西広樹投手などの主役候補がいた。

その中で明治大の森下暢仁投手が頭一つ抜き出た。リーグ戦では初戦の立教大戦で6回10安打4失点と内容も悪く、善波監督も心配する内容だったが、3回戦では9回4安打10奪三振1失点、続く早稲田大戦1回戦も9回6安打8奪三振1失点と立ち直った。球速こそ昨年のものは出ていないが、フォームの無駄なものが一切無くなり変化球が大きく進化した。

今年はチームの主将で主戦という事もあり、自分のパワーアップよりもチームを優先させた結果と言える。今年の秋を終えて主将の役割が終わり、ドラフト会議で指名された後、自分の事の集中できる状況になれば、さらに大きく成長するのではないかと思う。

他の主役候補では、創価大の杉山晃基投手はリーグ戦に入るとやはり無双の投球を見せている。杉山投手の場合は全国の舞台での投球内容が気になる。東海大の原田泰成投手も素晴らしいストレートとスライダーを投げているが、昨年春に受けたインパクトを超えるようなものは見られない。また日体大の北山比呂投手も体全体を使って勢いのある球を投げるものの、東妻投手のような内からの圧倒的なパワーのようなものはまだ感じられない。日体大では吉田大喜投手が150キロを記録し、春は吉田投手の方が良く見える。

その中で大商大・大西広樹投手はリーグ戦でも抜群の投球を見せているようで、プロのスカウトも毎試合大勢が集まっている所を見ても、主役候補になっているようだ。

そして昨年春の大学チャンピオン・東北福祉大の津森宥紀投手の本格的な投球は、今週末5月11日の仙台大戦とのカードからとなりそうだ。仙台大には153キロを記録した稲毛田渉投手、149キロ左腕の大関友久投手、そして来年のドラフト候補・宇田川優希投手がおり、プロも大勢詰めかける大一番となりそうだ。

近大・村西良太投手も好投をしているが、立命館大の148キロ左腕・坂本裕哉投手にプロのスカウトのコメントも多く、全国にはどちらが出てくるか。

他にも九産大の浦本千広投手、福森耀真投手、星槎道都大の150キロ右腕・渕上佳輝投手、北翔大の本前郁也投手、北海道教育大旭川の野澤悠真投手、東北公益文科大の石森大誠投手、白鴎大の中村伊吹投手、金沢大の北南達矢投手、中部学院大の伊藤健太投手、佛教大の福森建投手、天理大の八木玲於投手、東海大九州の小川一平投手なども150キロ前後の球を投げる。全国の舞台に出てくれば注目を浴びそうな主役候補たち。

また東京六大学の153キロ右腕の慶大・高橋亮吾投手、サイドハンドで150キロを投げる明治大の伊勢大夢投手、成長を見せており東都NO.1に躍り出ようとしている国学院大の吉村貢司郎投手とライバルの横山楓投手などもいる。

慶大の高橋投手はパイロットになるために大学で野球を辞めるとしている。また主役候補だった156キロ右腕の福島滉貴投手は、故障の影響もありリーグ戦でもまだ登板していない。やや不作と言われる大学生投手だが、主役が出る舞台はまだ先。これからが本番となりそうだ。

2019年度-大学生投手のドラフト候補リスト


PAGE TOP