大阪大谷大の150キロ右腕・米田知弘投手に5球団7人のスカウト視察

米田知弘, 大阪大谷大

近畿学生リーグでは神戸大vs大阪大谷大の1部2部入れ替え戦が行われ、大阪大谷大の150キロ右腕・米田知弘投手の視察に5球団7人のスカウトが姿を見せた。

春に右肩痛める

米田知弘投手は和歌山県の橋本高校から大阪大谷大に進むと、近畿学生リーグの2部でプレーをしているが、最速150キロを記録してプロから注目される投手となった。しかしこの3月に右肩を痛めており、春はリーグ戦では2度の登板しかなかった。

この日、1部昇格を目指して神戸大と対戦、チームは序盤に0-6とされたが、7回に一挙8点を挙げ8-6と逆転する。そして迎えた7回裏、ノーアウト1,2塁となったところで米田投手が緊急登板をした。しかし、タイムリーヒットで同点に追いつかれると、暴投で勝ち越し点を与え8-9とされてしまう。8回、9回は無失点に抑えたものの初戦を落とし、1部昇格は厳しい様態となった。

米田投手は、「多少、疲労感はあったけど言い訳にはできない。抑えないといけなかった」と話した。右肩痛から回復してすぐという事もあり、また22日には延長12回で引き分けた試合にリリーフで登板していた。それでも球速は147キロを記録し力のある球は見せた。

この日は5球団7人のスカウトが視察し、注目されているのは間違いない。「将来的に挑戦したい気持ちはある」と、プロ入りの気持ちもある米田投手、まずは「1部に行きたいです」と話す。1部に昇格して秋には奈良学園大の菅田大介投手などと、プロのスカウトの目が届く所に入りたいところ。正念場を迎えている。

2019年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
2019年度-近畿学生リーグのドラフト候補リスト

延長12回で引き分けた22日に続く、救援マウンド。3月に痛めた右肩がようやく回復し、今春リーグ戦はまだ3度目の登板で、まだ探り探りの投球だ。バックネット裏で5球団7人のスカウトが注目する中、スカウトのスピードガンで147キロを計測し、自慢の球威は示した。


PAGE TOP