150キロ右腕、明治大・入江大生投手が5回2安打1失点

2020年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース

明治大は中央学院大とオープン戦を行い、入江大生投手が先発して5回2安打6奪三振1失点の投球を見せた。

DeNA戦が中止となり

明治大は、今日28日にDeNA2軍とプロアマ交流戦を行う予定で、入江大生投手もそこで先発をする予定だった。しかし、プロ野球でも新型コロナウイルスの感染者が出たため中止となっていた。今後もオープン戦や社会人対抗戦などが中止となる中で、まだ今季のオープン戦で1度しか先発をしていないエース・入江大生投手が、この日の中央学院大戦で先発をした。

入江投手は1月に右手首を痛め、やや調整が遅れていた。3月21日の日大戦で今季オープン戦初先発をし、60球を目安に4回1/3を投げて3安打1失点だった。この日は80球を目安に5回までの投球を目指したが、5回までを82球で締めた。

3回まではノーヒットピッチングを見せる。4回にソロホームランを浴びたものの、5回を投げて2安打6奪三振1失点と安定した投球に、「まだいいボールと悪いボールがありました」と話したものの、2戦目として順調に進んでいるようだ。

今年のリーグ戦は現時点で4月11日の開幕となっている。残り2週間程度となったものの、4月3日から予定されていた社会人対抗試合は中止となり、東京都の自粛要請により、今後のオープン戦についても行われるかどうかが微妙となってきた。

まだ今年の実戦での登板が少ないが、今後はチーム内の試合形式での投球などを行っていく。リーグ戦開幕日程も微妙な状況と見られ、新型コロナの影響に左右されながらの厳しい中での調整となる。

2020年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
2020年度-東京六大学リーグのドラフト候補リスト

本来なら28日のDeNA2軍との試合に先発予定だったが、コロナ禍の影響で中止となり急きょ繰り上がっての先発。強風が吹き荒れる中での登板だったが、3回まで無安打。4回にソロアーチを浴びて失点したが安定した投球内容だった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント