中止となった大学野球選手権で見たかった選手

2020年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース

大学野球選手権が中止となり、全国の舞台で見たかった選手のプレーが見られなくなった。この大会でスカウトも力を測りたかった選手の一覧です。

スポンサーリンク

大学野球選手権で見たかった選手(地方のリーグのみ)

氏名大学投打 身体/体重評価
投手   
伊藤大海苫小牧駒大右左 176/80
中村亮太東農大北海道右右 185/75B+
河村説人星槎道都大右右 192/85B+
大道温貴八戸学院大右右 178/75B+
中道佑哉八戸学院大左左 180/74B
宇田川優希仙台大右右 184/95A
山野太一東北福祉大左左 170/70B+
松澤寛人石巻専修大右右 174/63B+
赤上優人東北公益文科大右右 173/70A
伊藤開生新潟医療福祉大右左 186/87B
北村朋也国際武道大右右 182/83B+
藤村哲之横浜商大左左 180/82B+
初祖晋太郎中京大右右 184/87B+
山本一輝中京大左左 181/81B
有村大誠立命館大右右 185/88B+
高野脩汰関西大左左 181/65B
打田雷樹大阪学院大右右 186/83B+
吉川貴大大阪商業大右右 180/72B
藤本翔京都産業大左左 176/78B
森浦大輔天理大左左 173/68B+
武次春哉関西国際大左左 165/70B+
大畑理暉奈良学園大右右 182/90B+
益田武尚北九州市立大右右 175/80B+
福島雄大九州共立大右右 190/91B+
捕手   
萩原哲創価大右左 174/72B
古川裕大上武大右左 182/86A
榮枝裕貴立命館大右右 179/79B
岡沢智基大阪商業大右右 183/75B+
深尾哲平関西国際大右左 181/80B
揚村彰斗九州産業大右右 176/75B
内野手   
ブランドン大河東農大北海道右右 178/77B+
元山飛優東北福祉大右左 179/68B+
楠本晃希東北福祉大右右 173/70B
渡部健人桐蔭横浜大右右 176/105B
佐藤輝明近畿大右左 186/92
福武修立命館大右左 180/73B
小川晃太朗同志社大右右 180/75B
児玉亮涼九州産業大右右 167/60B
平良竜哉九州共立大右右 170/72B
外野手   
赤尾光祐東海大北海道右右 181/93B
武岡大聖八戸学院大右左 178/91B+
齋田海斗東日本国際大右左 180/70B+
小川晃太朗同志社大右右 180/72B

苫小牧駒大の伊藤大海投手は、150キロ超のキレの良い球を投げ、一昨年の選手権で衝撃的な投球を見せた。昨年は出場できておらず、選手権でのピッチングが注目されていた。ただし、昨年は侍ジャパンのメンバーとして力を見せており、評価はある程度は固まっている。

東農大北海道の中村亮太投手は、昨年の選手権で140キロ中盤から後半の力をのある球を投げ注目された。粗削りなところもあり今年の投球が期待されていた。星槎道都大の河村説人投手は192cmから150キロの球を投げ、まだ素材型だが完成した投球が見せられるかが注目されていた。

八戸学院大の大道温貴投手は、昨年の選手権で抜群の投球を見せた。今年は練習で150キロに到達し、昨年からの成長を見たかった。すでに評価は高い所にいるとみられる。仙台大の宇田川優希投手は、リーグでは東北福祉大を相手に力を見せており、全国の舞台での投球が一つのポイントだった。ただし、今年春のオープン戦でプロや慶応大を相手に投球しスカウトにはアピールができている。

東北福祉大・山野太一投手の能力は十分評価され、昨年の選手権でもその力をいかんなく発揮している。ただし宇田川投手と比べると、体のサイズを気にするスカウトも少なくないが、その意見を封じ込める投球をこの選手権で見せたかった。

東北公益文科大の赤上優人投手も、150キロを超す球を投げる。個人的に大学生投手トップクラスと思うが、全国大会に出られておらず、まだスカウト部長クラスの目には届いていない。昨年秋はレベルの高いリーグ戦を制しており、今年春は全国の舞台に上がるチャンスだった。

中京大・初祖晋太郎投手は184cmから148キロの速球を投げる素材型だが、全国の舞台で一気に評価を上げる投球も期待されていた。立命館大の有村大誠投手は関西学生リーグで力は証明済みだが、昨年の選手権はエース・坂本裕哉投手の2番手で登板をしており、今年はエースとしてのピッチングが期待されていた。関西大の高野脩汰投手は昨秋の明治神宮大会で力を見せたが、この春のオープン戦は調子が上がっていなかった。全国の舞台で再び力を見せることができたはずだ。

大阪商業大の吉川貴大投手は、春にプロを相手に好投をし評価を上げているが、リーグ戦など大学の公式戦での実績が非常に少なく、公式戦の舞台での投球が注目されていた。天理大の森浦大輔投手は1年時から注目をされているが、体のサイズが小さい点では山野投手に似ており、それが関係ないことをアピールしたかった。関西国際大の武次春哉投手も同様に実績は十分、こちらはプロアマ交流戦でアピールができなかったので、全国の舞台でアピールをしたかった。

奈良学園大の大畑理暉投手は今年ブレークが期待されていた投手、また北九州市立大の益田武尚投手も力のある球を投げ、この二人を見たかったスカウトやファンは多いだろう。

捕手でも上武大の古川裕大選手は打撃の評価は十分で、昨年も代表入りしある程度は見られている。あとは捕手としてのディフェンスやリーダーシップ面でどれだけのプレーが見せられるかが見たかった。立命館大の榮枝裕貴選手は春に評価が上がり、強肩を見たかった。

内野手では東北福祉大の元山飛優選手は既に評価もされているが、選手権で指名確定の太鼓判を押したかった。またブランドン大河選手や渡部健人選手の打撃、児玉亮涼選手、福武修選手などの守備ももう一度見たかった。そしてリーグ戦で抜群の成績を残している平良竜哉選手のプレーをもう一度見たかった。

外野手でも昨年の選手権で打撃が注目された赤尾光祐選手、ヤクルト・武岡選手の兄で昨年は1試合で2安打3打点も初戦で敗退してしまった八戸学院大の武岡大聖選手、中央大・五十幡選手と競える足を持つ同志社大の小川晃太朗選手、昨年の選手権では5番を打ったがノーヒットに終わっていた東日本国際大の齋田海斗選手などは、今年の大会で是非チェックをしたかった。

2020年度-大学生投手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2020年度-大学生捕手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2020年度-大学生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2020年度-大学生外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント