近大・佐藤輝明選手がプロ志望届を提出、プロ球団争奪戦が開始

2020年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース プロ志望 阪神ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

巨人、阪神などがドラフト1位指名候補にリストアップする近畿大の佐藤輝明選手が、プロ志望届を提出した。いよいよ、プロ側との交渉がスタートする。

プロとの交渉解禁

佐藤輝明選手は187cm93kgの左のスラッガーで、仁川学院時代はそれほど注目されるスラッガーではなかったが、近畿大では1年春からレギュラー出場を果たし、秋には強烈な2本塁打を放っている。3年秋までに11本塁打を打ち、二岡選手の持つリーグ通算本塁打記録の13にあと2と迫っている。

また50m6.1秒の足と遠投100mの肩もあり、外野手として広く守れる他、現在はサードとして強烈な打球をしっかりと処理している。

打撃・守備・走塁の高い能力を示す佐藤選手には、阪神が注目をしているが、巨人が先日の編成会議で大学生外野手の1位指名を公表、それが佐藤選手である可能性が高くい。

佐藤選手はこの日から提出期間となったプロ志望届をさっそく提出した。これでプロ側との交渉ができる事になる。ただしリーグ戦が9月5日に開幕するため、交渉はリーグ戦の合間を縫って行われる。阪神、巨人の他にも上位で佐藤選手を挙げているチームは少なくなく、球団による佐藤選手詣でがしばらく続きそうだ。

2020年度-大学生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

今秋のドラフト1位候補、近大・佐藤輝明内野手(4年)が1日、プロ志望届を提出した。大学生のプロ志望届提出開始のこの日、野球部が所属する関西学生野球連盟へ郵送。2日以降に全日本大学野球連盟から公示される。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント