国学院大・山本ダンテ武蔵選手が本塁打・打率・打点で東都トップに

大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

国学院大のドラフト候補、山本ダンテ武蔵選手が、打率.394、4本塁打、13打点で東都リーグの打撃3部門でトップとなった。

スポンサーリンク

4年生で覚醒

この日の立正大戦では初回、1アウト3塁の場面でレフト前へのタイムリーヒットで1打点を挙げると、6回の先頭打者でもレフト前に運んだ。これまで4本塁打を打っており本塁打王だったが、2安打1打点の活躍で打率、打点でトップとなり、現時点で三冠王となった。

山本選手は大阪桐蔭時代も主砲としてその打棒を見せていたが、打撃に粗さも見られた。大学でも3年まではレギュラーをつかめずにいたが、4年までのオフに体重を10kg増やし、「前までは上から出すイメージだったが、レベルスイングにして、どのコースに来ても対応できるスイングづくりを心がけてきた。リーグ戦の打率が上がらなくて試行錯誤した結果、行き着いた」と打撃フォームの改造により、一気に開花した。

残り3試合で三冠王を守れば、東都リーグでは1994年の青学大・井口選手(現千葉ロッテ監督)以来となる。守備面で付加価値が乗せられない所はあるが、打撃の良さで獲得すれば、DeNAの佐野恵太選手のようにプロでも活躍をしてくれるかもしれない。秋もこの打撃を維持することができれば、ドラフト会議で指名の可能性が高くなりそうだ。

2021年度-大学生外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年度-東都大学リーグのドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

山本ダのバットが好調のチームを支えている。先制を許した直後の初回1死三塁。「自分的には打点を挙げることに重きを置いている」との狙い通り、左前へはじき返してすぐさま同点とした。六回の先頭でも左前に運び、打率・394、4本塁打、13打点。青学大・佐々木と並ぶ本塁打を含め、いずれもリーグトップに立った。

「前までは(バットを)上から出すイメージだったが、レベルスイングにして、どのコースに来ても対応できるスイングづくりを心がけてきた。リーグ戦の打率が上がらなくて試行錯誤した結果、行き着いた」

 昨秋の時点に比べ、体重は約10キロも増量し、92キロ。「前まで10割で打っていた力が8割で発揮されるようになった。8割のスイングをしていくことで、力みなく捉えていける」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント