国学院大進学の緒方漣選手が入寮、「4年後はドラフト1位で」

2027年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース

横浜高校で侍ジャパンU18代表でも活躍した緒方漣選手が、国学院大の寮に入った。

スポンサーリンク

杉山遥希投手に悔しさ

緒方漣選手は横浜高校で1年夏からレギュラーとして出場し、1年夏の甲子園ではサヨナラ逆転ホームランを放って話題となった。その後、二遊間の守備で高校トップクラスと評価され、昨年の侍ジャパンU18代表に選ばれると、攻守に活躍してU18W杯の優勝に貢献した。

プロも注目したが高校卒でのプロ入りを諦めて大学進学を決めた。しかし、同じく横浜高校で1年から活躍してきた杉山遙希投手がドラフト3位で埼玉西武に指名され、注目の中で会見などを行っている姿を見て、「おめでとう、という気持ちと自分も高卒からプロに行きたかったので悔しさが込み上げてきて」と話した。村田監督からも「この悔しさを忘れるなよ」と声をかけられた。

この日、入寮をした緒方選手、「ワクワク、楽しみが大きい。1年春から勝負したい」と話し、「打撃の強さが、まだ高校生レベルなので」と打撃を強化していく。「執念をもって泥くさく、というのが自分のプレースタイル。そこはぶらさずに。1年から発揮していきたい」と話した。

そして村田監督の言葉を思い返し、「監督の言葉を聞いて、さらにプロに行きたい気持ちなって。この悔しさをもって4年間、野球に励みたいと思います」と話し、「4年後はドラフト1位でプロに行きたい。そして、もう1度、大学で日本代表のユニホームを着る。将来は、杉山に勝ちたいです」と話した。

4年後には今年のドラフト候補の宗山塁選手のような存在になっていることを期待したい。

国学院大が2024年に入学するスポーツ推薦合格選手、東邦・山北一颯投手、報徳学園・石野蓮授選手など18人が合格
国学院大は2024年に入学するスポーツ推薦合格者を発表した。合格した選手を紹介します。
国学院大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
横浜・緒方漣が国学院大に入寮 親友の西武杉山遥希に「いつかプロの舞台で杉山に勝ちたい」 - アマ野球 : 日刊スポーツ
昨年、攻守で高校日本代表をけん引し、U18W杯では大会MVPにも選ばれた横浜(神奈川)の緒方漣内野手(3年)が4日、東都大学野球リーグ・国学院大に入寮した。「… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
【大学野球】 昨秋のU18W杯MVP 横浜・緒方漣が国学院大で入寮 「リーグ優勝、日本一を必ず…」 : スポーツ報知
 昨秋、U18W杯の日本代表メンバーとし大会のMVPに輝き、東都大学リーグの国学院大に進学する横浜の緒方漣内野手が4日、神奈川・横浜市内の野球部寮に入寮した。
スポニチ Sponichi Annex
スポーツニュース、芸能ニュースはお任せ!スポーツニッポン新聞社の公式サイトです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2024 Draft home page

コメント