東京六大学に阪神が和田TA以下4人態勢視察など12球団スカウト集まる、ドラフト候補悲喜こもごも

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース

この日の東京六大学リーグには、阪神が和田TA、畑山統括スカウトなど4人態勢で視察したほか、12球団のスカウトが集まりドラフト候補選手をチェックした。

スポンサーリンク

斉藤選手がアピール

立教大vs法政大戦では、阪神が注目している立教大・山田健太選手と、法政大の斎藤大輝選手の注目二塁手対決となったが、7回に斉藤選手がホームランを放ち、4打数ノーヒットだった山田選手とは対照的にアピールをした。

また、立教大先発の荘司康誠投手も3回までノーヒットに抑える好投を見せていたが、4回1アウトから死球を与えてから突如乱れ、満塁ホームランを浴びるなど6四死球と2安打で5失点した。「4回だけ。悔いが残ります」と話した。

荘司投手もすでにプロ志望届を提出しているが、12球団のスカウトが視察していたことについて聞かれると、「春と変わらず、優勝することだけを考えている。それを気にする余裕はないです」と話した。

2022年度-大学生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-東京六大学リーグのドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

斉藤大今季初弾 ー デイリースポーツ紙面

ドラフト候補の立大・荘司康誠、初登板でKO 6四死球に満塁被弾「抜けたボールが多かった」 - アマ野球 : 日刊スポーツ
ドラフト上位候補の立大・荘司康誠投手(4年=新潟明訓)が、今季初登板でKOされた。無安打無失点で迎えた4回1死後、死球を与えた直後に突然乱れた。この回、被安打… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント