東京六大学、明大はスタメンのうち、6人が1年生、早大・吉永健太朗も好投

慶大, 明大, 吉永健太朗, 早大, 竹内大, 高山俊, 上原健太, 宮内和也, 大塚健太朗, 坂本誠四郎, 菅野剛士

 東京六大学リーグは1年生がチームの軸になっている。早大の1年生・吉永健太朗投手は法大・三嶋一輝投手と投げ合い、5回に2ランホームランを浴びて2失点し、1-2で試合には敗れたものの、6回1/3を投げて4安打8奪三振の好投だった。これで今シーズンは2勝2敗と春の4勝0敗に比べれば成績を落としているが、それでも不調のスタートから安定感を取り戻しつつあり、投手としての能力の高さを見せている。

 明大vs慶大の試合では明大の1年生・上原健太投手(広陵)が初先発し、捕手も1年生の坂本誠四郎(履正社)で1年生バッテリーを組むと、144kmを記録したストレートとフォークを多投し、7回1/3を四死球4も、3安打3奪三振に抑えて1失点と打たせて捕る粘りのピッチングを見せた。

 明大はその他にも2番セカンドに大塚健太朗(花咲徳栄)、3番ライトに高山俊(日大三)、6番レフトに菅野剛士(東海大相模)、9番サードに宮内和也(習志野)が期用され、8番捕手・坂本、9番投手・上原と1年生が6人スタメンに期用されての勝利だった。明大の黄金時代も期待できる戦いぶりだった。

 慶大はプロ志望届けを出しているドラフト候補の竹内大投手が先発するも、4回途中まで3失点して降板しプロのスカウトにアピールすることはできなかった。

 

 

 明大はフレッシュな力で優勝戦線に踏みとどまった。広陵出身の1メートル90の大型左腕・上原が、最速144キロの直球を武器に慶大打線を3安打に封じて、7回1/3を1失点と好投。過去の2勝は中継ぎでの白星だっただけに「先発の勝ちの方がうれしいです」と喜んだ。バッテリーを組んだ同じ1年生の坂本と話し合い「データにない配球をした」と初球からフォークを投じるなど、1年生らしからぬ冷静な投球が光った。昨春センバツで履正社の主将として4強に導いた坂本も「1球、1イニングを大事にいった」と満足げ。

 

 1年生を6人もスタメン起用したことについて善波達也監督は「調子のいい選手を並べた結果。1年生バッテリーがよくやってくれた」と満足そうだった。


PAGE TOP