横浜DeNA、1位候補に大阪桐蔭・藤浪晋太郎投手も!

高校野球ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース 2012年ドラフトニュース

 横浜DeNAの高田GMが大阪桐蔭・藤浪晋太郎投手について「あれは即戦力。いってもいいな。いく価値はあるよな」と話したと、スポーツニッポンが報道している。

 横浜DeNAは昨年高校生を8人獲得したこともあり、ドラフト1位で即戦力投手の指名が確実で、亜大・東浜巨投手、東海大・菅野智之投手をリストアップしていた。センバツ大会の投球内容から藤浪晋太郎投手も即戦力と判断し指名する可能性もある。

 昨日の東京ヤクルトも大谷翔平投手の1位指名を示唆する記事が出ており東浜投手の評価がケガの不安などからも下がっているという雰囲気があるのかもしれないが、東都で1年生から活躍した実績が下がるということはなかなか考えられない。おそらくドラフトではやっぱり東浜投手に指名が集まり横浜DeNAも東浜巨投手の指名になると思う。

DeNA 今秋ドラ1候補に“浪速のダル”藤浪 - スポーツニッポン:2012/07/04

 4年連続最下位から巻き返しを図った今季も最下位に低迷。最大の要因は先発投手の駒不足で、球団内では今秋ドラフト1位は即戦力投手との意見で一致している。巨人と相思相愛の東海大・菅野を1位で強行指名する可能性に加え高田GMはこの日、東浜(亜大)の名前を出し、競合が確実な大学生2人が当面のターゲットであるとした。その上で1位指名候補に「藤浪」の名前を自ら口にしたのは、2人に匹敵する素材と判断しているからにほかならない。

 (中略) 

 旧体制で臨んだ昨秋ドラフトでは、指名した9人中8人が高校生(育成選手除く)。その直後に就任した高田GMは、これまで「チームの現状を考えれば、今年は何が何でも即戦力を獲らないと」と繰り返してきた。今後も藤浪を即戦力と評価して調査を続けていく。 全文はスポーツニッポンサイトをご覧ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント

  1. 横浜だけはまず間違いなく東浜と思ってるんですけどね。

    日ハムからは大谷との声が多く、ヤクルトまで大谷の名前が出てくると、どうもどこが東浜を指名してくるかが読みにくい。
    まさか横浜の単独指名なんて事はないと思うが、東浜を指名しそうな球団が見えてこないです。

    夏の大会次第の部分もあるけど、一番人気は大谷かもしれないですね。

  2. 高田GMの日ハム時代の好みからすると東浜投手か大谷投手を指名すると思うけど即戦力が特に欲しいと思われるんで、大谷投手が夏の甲子園でよっぽど凄い投球をしない限り東浜投手で決定だと思うんだけどなぁ…。