北海道日本ハム・大谷翔平選手、外野手でレーザービーム見せ、打ってもマルチヒット

北海道日本ハムドラフトニュース 2012年ドラフトニュース

 北海道日本ハムの大谷翔平選手が、東京ヤクルトとのオープン戦に7番ライトで出場すると、守ってはレーザービームを見せ、打ってもマルチヒットと開幕1軍に大きくアピールした。

 守備では3回1アウト2塁の場面で、東京ヤクルト・森岡選手がライト前にヒットを放った。ライトの大谷選手は素早く捕球してホームへ返球、2塁ランナー・50m5.9秒の上田選手との勝負となったが、低く伸びるレーザービームでアウトのタイミングだった。近藤健介選手が落球しセーフとなったものの、最速160km/hを投げる強肩を、まずは外野手として見せ付けた。

 また打撃では4回にライト前ヒット、6回にはスライダーをセンター前ヒットととマルチヒットを記録した。大谷選手は「今までは空振りしていた。何とか食らいついていけた」と打撃で成果を掴んだ。

 栗山監督は「セーフかなと思って見ていたけど、捕っていればアウト。あんな事を起こせる外野手はいない」と話し、糸井選手の抜けたライトとして高く評価した。

 今日の東北楽天戦では8回に1イニングを投げた後、9回にライトのポジションに入るという。二刀流は短いイニングからスタートする。大谷選手は「まずは投げる事を優先したい。打撃は今日の延長、投げるのも打つのも楽しいので、試合ならもっと楽しいかなと思います」と純粋に二刀流を楽しみにしているようだ。底知れない。

 強肩を見せつけた。3回1死二塁。森岡の右前安打に猛チャージした大谷は勢いのままに右腕を振り抜いた。「1点もやれない。なるべく低い送球をしました」。50メートル5秒9の俊足・上田より早く、ボールはワンバウンドで本塁に到達。捕手・近藤のミットから白球がこぼれ、プロ初の補殺を逃したが、栗山監督が驚嘆の声を上げた。

 

 「セーフかなと思って見ていたけど、捕っていればアウト。あんな事を起こせる外野手はいない」。既に右翼手として開幕1軍が内定した大谷のレーザービームに目を細めた。「去年うちは(糸井)嘉男、(陽)岱鋼、(中田)翔でやってきたけど翔平が入ると、その可能性が生まれるね」と目を輝かせ、オリックスへ移籍した糸井の代役に指名。09年から4年連続のゴールデン・グラブ賞を獲得した名手に匹敵する素材と太鼓判を押した。

 

 打撃でも進化を見せた。4回1死で右前安打、6回1死からは昨季8勝を挙げた赤川の外角スライダーを中前へ。オープン戦で、初のマルチ安打をマークした。ともに追い込まれてから変化球を捉えたことに「今までは空振りしていた。何とか食らいついていけた」と胸を張った。

160キロレーザー、大谷  - ニッカンスポーツ1面:2013/3/21

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント