巨人・水野スカウト部長が市和歌山・米田天翼投手、大阪桐蔭・川原嗣貴投手、九州国際大付・野田海斗捕手など評価

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

巨人の水野スカウト部長が、センバツに出場した選手について評価し、市和歌山の米田天翼投手、大阪桐蔭の川原嗣貴投手、九州国際大付の野田海斗捕手などの名前を挙げた。

スポンサーリンク

水野スカウト部長

水野スカウト部長は、大阪桐蔭の川原嗣貴投手について、「コロナの影響で、練習や対外試合に制約を受けながら迎えた大会。パフォーマンスの向上が難しい状況にあったと思いますが、大阪桐蔭・川原は成長を見せました。真っすぐに力があり、変化球も使える。制球力も光りました。」と話し、投手・野手共に結果を出すのが難しかった今大会で、成長を感じさせた選手と評価した。

また、市和歌山の米田天翼投手は、「ボールに力強さがありました。」と評価、故障明けで13回を投げ抜いた近江・山田陽翔投手も「自信になる投球だったと思います」と評価した他、浦和学院の宮城誇南投手を「左投手でコントロールがいい点が魅力。」と、鳴門の冨田遼弥投手を「球のリリースが強いサウスポー」と評価した。

さらに、188cmのサイドハンド投手、天理・南澤佑音投手については、「球がより強くなった印象。」と評価、さらに横手投げでは、和歌山東・麻田一誠投手にも「面白い存在です。」と評価した。

野手では「捕手に好選手がそろっていました」と話し、「大阪桐蔭の松尾汐恩選手は動きが良く、九州国際大付の野田海斗捕手はNO.1の強肩、浦和学院の高山維月選手も飛ばす力が目を引きました」と話した。

来年のドラフト候補、花巻東の佐々木麟太郎選手については、「結果こそ出ませんでしたが、スイング自体は良かった。今後の成長が楽しみです」と話した。

岸スカウト

また、岸スカウトはこの日登板した鳴門の冨田遼弥投手について、「自信を持って投げられていたし、制球力も去年に比べて良くなっていた」と評価した。

2022年センバツ高校野球大会の対戦カードと注目選手
3月18日に開幕するセンバツ高校野球大会、初日の対戦カードと注目選手です。
2022年度-高校生捕手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【センバツ】巨人・水野スカウト部長、1回戦終え注目選手…大阪桐蔭の川原嗣貴、直球&変化球&制球◎
 1回戦最後の登場となった優勝候補・大阪桐蔭は、188センチ右腕・川原嗣貴(しき、3年)が9奪三振1失点完投で鳴門(徳島)を破り、甲子園で2018年以来4年ぶりの春1勝を挙げた。西谷浩一監督(52)は

188センチサイドという珍しいタイプの天理・南沢は、球がより強くなった印象。横手投げでは、和歌山東・麻田も面白い存在です。

 浦和学院・宮城は、左投手でコントロールがいい点が魅力。鳴門・冨田は、球のリリースが強いサウスポーでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント