ソフトバンク、法政大・三浦銀二投手をリストアップ「熱い視線を送っています」

2021年ドラフトニュース 福岡ソフトバンクドラフトニュース

福岡ソフトバンクが、地元出身の法政大のエース・三浦銀二投手をリストアップしていると、地元の西日本スポーツが1面で報じた。

スポンサーリンク

熱い視線を

三浦銀二投手は福岡市出身で、福岡大大濠時代にセンバツでベスト8に進出し、U18代表入りもしている。法政大では最速150キロの速球を投げ、大学2年までの4季で8勝を挙げていた。

昨年は新型コロナの影響や疲労などで勝ち星を積むことはできなかったが、今春は慶応大戦でノーヒットワンランの完投勝利を挙げるなど2勝し、六大学通算を10勝としている。

その三浦投手について、地元の福岡ソフトバンク・永井スカウト部長は「直球も変化球もボールの質がいいことに加え、ピッチングをよく知っている。熱い視線を送っています」と話し、注目していることを明らかにした。

高校、大学で登板が多く、大学3年からやや調子を落としているが、同じように高校、大学下級生時代に登板が多く、3,4年でボールの勢いがやや無くなっていた亜細亜大の東浜投手を福岡ソフトバンクは指名し、その東浜投手がプロで長年活躍をしている事もある。永井部長は「精神的にも成長している。1年から投げている分、意識も変わってきたのでは。ボールも圧倒的に良くなったし、まだまだ上積みもある」と、更に成長して行ける投手と評価している。

福岡ソフトバンクは千賀投手が故障で離脱する中で、和田投手、東浜投手と外国人投手で先発を回しており、現在は貯金3でリーグ2位だが、昨年までの圧倒的な強さがやや失われているようなところもある。2019年、2020年は1位、2位を野手の指名を行っており、今年は投手の1位指名の可能性が高いと見られ、森木大智など高校生投手に逸材がいるものの、2018年のように大学、社会人の即戦力投手を指名する可能性も十分ある。

2018年の甲斐野投手、杉山投手がリリーフ投手となったため、特に先発のできる投手に絞っていくと、右腕では三浦投手や三菱自動車倉敷オーシャンズの廣畑敦也投手、左腕では筑波大の佐藤隼輔投手や西日本工業大の隅田知一郎投手などが挙げられ、ソフトバンクは佐藤投手、隅田投手もリストアップをしている。

ドラフトの指名順位なども考慮し、森木投手を指名した後、外れ1位で三浦投手の指名という事になるかもしれない。

2021年ドラフト指名予想
 2021年ドラフト指名予想です。
福岡ソフトバンクホークスのドラフト会議メインページ
福岡ソフトバンクホークス公式ページ 福岡ソフトバンクホークス掲示板 福岡ソフトバンクホークスの過去のドラフト指名一覧 福岡ソフトバンクホークス/ドラフト最新記事 以前のニュー...
福岡ソフトバンク、過去のドラフト指名一覧
福岡ソフトバンクホークス公式ページ 福岡ソフトバンクホークス掲示板 福岡ソフトバンクホークスのドラフト指名予想 福岡ソフトバンク過去のドラフト指名 3年間 投手16名(右10、左...
法大・三浦銀二、ソフトバンク今秋ドラフトへリストアップ 西日本スポーツ1面 2021/6/15

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント