春季福島北部支部選手権で聖光学院が優勝、夏15連覇へ

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

春季福島県北部支部選手権の決勝が行われ、聖光学院が福島高に4-2で勝利した。夏の大会前の公式戦が全て終わり、15連覇を目指す夏に向かう。

スポンサーリンク

2年生・佐山投手好投

この日は背番号13の2年生・佐山未来投手が先発すると、最速140キロの速球に鋭い変化球を織り交ぜ、9回を6安打2失点に抑える好投を見せた。ランナーを出しても併殺で打ち取り、5回までは三塁を踏ませなかった。佐山投手は「ボールがまとまっていて、スライダーのキレが良かった」と話した。

また攻撃では初回に1点を先制すると、3回に4番の芳賀慎之介選手が信夫ケ丘球場の場外に運ぶ特大の2ランホームランを放って突き放し、7回にも朝日一貴選手のホームランで4-2で勝利した。

芳賀選手は183cm85kgのスラッガーで、準決勝でもホームランを放っており、2試合連続となった。特大ホームランについて「真っすぐ狙いでしたけど、反応することができた。打った瞬間に、入るかなと思った」と話した。

聖光学院は昨年まで福島県の夏の大会で14連覇をしている。芳賀選手は「夏に向けて気を引き締めていきたい。優勝したけど、自分たちの未熟さも感じた。日本一を目指して、やっていきたい」と話した。

攻撃陣は芳賀選手に加え、高校通算40本の坂本寅泰選手などがおり強力。投手陣も五十嵐蓮投手、佐山投手が好投を見せ、整えてきている。夏の福島大会は7月7日に開幕する。

聖光学院高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年度-高校生-福島県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

投げては先発した背番号13、佐山未来投手(2年)が9回6安打2失点の好投で「公式戦初完投」を決めた。最速140キロ直球に、切れ味鋭い変化球を駆使しながら、2度の併殺で打ち取るなど5回まで三塁すら踏ませなかった。「ボールがまとまっていて、スライダーのキレが良かった」と納得の表情を浮かべた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント