西武がドラフト1位指名・早稲田大の蛭間拓哉選手を公表

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 埼玉西武ドラフトニュース

埼玉西武はこの日、渡辺GMがオンラインで取材に応じ、ドラフト会議の1位指名で早稲田大の蛭間拓哉選手を指名することを公表した。

スポンサーリンク

公表した理由

渡辺GMは、蛭間拓哉の1位指名について、「広角に打てる。右も左もしっかりとしたスイングで、強い打球を打てるのが魅力。肩、足も高い能力を持っている。主力を貼れる選手。オールラウンダーだと思う」と話し、「常に全力疾走、全力プレーをする選手。将来的には侍に入れるぐらいの選手」と話した。

蛭間選手は小学6年時にライオンズジュニアにも選ばれており、浦和学院、早稲田大でいずれも日本代表入り。渡辺GMも高校時代から才能に注目をしていた。そして、「ライオンズの1つのウイークポイントに当てはまる選手」と、課題の外野陣の一角として活躍できる選手と評価しての1位指名決定となった。

1位指名を公表した理由については、「それだけ熱望、獲得したい選手、という表れ。蛭間君を本当に欲しいという気持ちを伝えたかった」と話し、また重複を回避するため、そして「験担ぎ」と話し、昨年も隅田投手の1位指名を公表し、4球団が重複したものの抽選で引き当てた事も理由の一つとして挙げた。

今年も抽選となった場合には「普通にいったら、あの人じゃないですかね」と、昨年に隅田投手を引き当てた飯田本部長がくじ引きを行う。

蛭間選手には一貫して高評価をしてきた埼玉西武、外野手が補強ポイントとして大きくなり、地元の選手ということで、すべてよしの指名となるか注目したい。

2022年ドラフト指名予想
 2022年ドラフト指名予想です。
埼玉西武ライオンズのドラフト指名予想
埼玉西武ライオンズ公式ページ 埼玉西武ライオンズ掲示板 埼玉西武ライオンズの過去のドラフト指名一覧 埼玉 西武ライオンズ/ドラフト最新記事 以前のニュースはこちら 補強ポイ...
【西武】1位指名は早大・蛭間拓哉 渡辺GM「広角に打てる。肩、足も高い能力」潜在能力も太鼓判 - プロ野球 : 日刊スポーツ
西武は11日、20日に行われるドラフト会議で早大・蛭間拓哉外野手(4年)の1位指名を公表した。東京6大学野球で12本塁打。3拍子そろう左のスラッガーで、渡辺久… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

東京6大学野球で12本塁打。3拍子そろう左のスラッガーで、渡辺久信GM(57)は「ライオンズの1つのウイークポイントに当てはまる選手」と、今季固定できなかった外野の即戦力として期待。「広角に打てる。右も左もしっかりとしたスイングで、強い打球を打てるのが魅力。肩、足も高い能力を持っている。主力を貼れる選手。オールラウンダーだと思う」と説明した。

西武 早大・蛭間の1位指名公表 “稼頭央チルドレン”1号候補 新指揮官ばり高水準走攻守 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 西武は渡辺久信GMが午前中にオンラインで対応し、大学No・1スラッガーの早大・蛭間拓哉外野手(22)の1位指名を公表した。大学日本代表で4番を務めた経験もあり、リーグ戦で現役最多12本塁打を誇る左の長距離砲だが、来季監督就任が確実な松井ヘッドコーチのように走攻守で高い能力を持った逸材。獲得なら「稼頭央チルドレン」の第...

2つ目の理由は他球団へのけん制。公表することで少しでも競合の確率を減らす狙いがある。3つ目は渡辺GMが語った「験担ぎ」だ。昨年は隅田の1位指名を公表。結果、4球団が競合したが、抽選で引き当てている。

【西武】早大・蛭間拓哉の1位公表 昨年隅田に続き2年連続ゲットへ験担ぎ…東京六大学現役最多12発
 西武は、渡辺久信GM(57)が早大・蛭間拓哉外野手(22)を1位指名することを公表した。
西武が早大・蛭間拓哉のドラフト1位指名を公表 渡辺GM「ライオンズの主力を張れる選手」
西武は11日、今秋ドラフト会議(20日)で東京六大学リーグで現役最多の12本塁打を記録している早大の蛭間拓哉外野手(22)を1位指名することを明らかにした。1位…
競合の場合のくじ引き役はあの人 西武が早大・蛭間拓哉の1位指名公表
西武は11日、今秋ドラフト会議(20日)で早大・蛭間拓哉外野手(22)を1位指名することを明らかにした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント