ヤクルト、ドラフト1位候補は早大・亜細亜大・平内龍太投手

2020年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 東京ヤクルトドラフトニュース

ヤクルトがドラフト1位の最終候補に、早稲田大・早川隆久投手と、亜細亜大の平内龍太投手を挙げている事が分かった。

スポンサーリンク

競合覚悟か単独指名か

東京ヤクルトは、球団幹部が亜細亜大の平内龍太投手について「大型の本格右腕で速球派でもあり、うちにはいないタイプ。アウトコースの制球力もいい」と評価し、早稲田大の早川隆久投手と共にドラフト1位指名最終候補にリストアップしているという。

東京ヤクルトは即戦力の投手の1位指名をすることを決めており、慶応大・木澤尚文投手や、トヨタ自動車・栗林良吏投手なども1位候補として名前が挙がっていたが、球団幹部は「競合覚悟で指名するのか、単独指名の方針にするのか。戦略は最後の会議まで話し合って決める」とし、競合ならば左の早川投手、単独ならば右の平内投手の指名が有力。

今週23日から3日間連続でスカウト会議を行う予定で、高津監督も交えて最終決定をする。他球団の情報も調査して決めるが、高津監督は亜細亜大出身で、一本釣りを狙う可能性も十分考えられる。

2020年ドラフト指名予想
 2020年ドラフト指名予想です。
2020年度-大学生投手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

ドラフトでは即戦力投手の獲得が最大のポイント。23日から3日連続でスカウト会議を行い、高津監督を交えて最終決定する。早川はすでにロッテが1位指名を公言し、複数球団での競合は必至。一本釣りの場合には平内を筆頭に可能性をさぐる。球団幹部は「競合覚悟で指名するのか、単独指名の方針にするのか、戦略は最後の会議まで話し合って決める」とした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント