夏の甲子園大会大7日目の見どころと注目選手

大阪桐蔭, 森友哉, 笠松悠哉, 安楽智大, 辻田大樹, 近田拓矢, 葛川知哉, 常葉菊川, 遠藤康平, 宮本幸治, 富山第一, 有田工, 日川高, 山田基樹, 古川侑利, 済美

 高校野球、第7日目の対戦カードと注目選手をおさらいします。

7日目第1試合

 富山第一の宮本投手は144km/hのストレートを投げる。カットボールといった動く球で打ち取る投球を見せる。秋田商はアンダースローの2年生・佐々木投手は力のある球を投げる。

秋田商(秋田)   富山第一(富山)
          宮本幸治 3年 179cm80kg 右左 最速144km/h記録しプロ注目の右腕 B

 

7日目第2試合

 済美の安楽投手は今大会NO1の注目選手。愛媛大会で157km/hを記録し、甲子園でも記録を伸ばす事ができるかに注目が集まるほか、念願の初優勝に向けて、球数を抑えて完投する事ができるかにも注目したい。三重高校も政木投手を中心とした守備で済美打線を押さえたい。

三重(三重)   済美(愛媛)
政木拓真 3年 177cm78kg 右右 143km/hを記録するが春にひじを怪我し不安かかえる B   安楽智大 2年 
186cm90kg 右右
超大型右腕は既に157km、センバツヒーローは来年超目玉

 

7日目第3試合

 初戦で148km/hを記録し完投勝利した有田工・古川投手と、プロ注目の強打の遊撃手・遠藤選手が激突する。

常葉菊川(静岡)   有田工業(佐賀) 
遠藤康平 3年 176cm70kg 右右 甲子園でも見せた抜群の打撃と安定した遊撃手の守備にプロ注目 B   古川侑利 3年 178cm77kg 右右 1回戦で148km/hの魂のこもったストレートを投げた B

 

7日目第4試合

 1回戦で2本塁打を放った大阪桐蔭・森選手に、初戦はやや抑え気味ながらも2失点完投した日川の194cm右腕・山田投手がどのように挑むのかに注目したい。

日川(山梨)   大阪桐蔭(大阪)
山田基樹 3年 
194cm88kg 右右
194cmから143km/hの速球を投げ下ろす B   近田拓矢 3年 
180cm85kg 右右
春は骨折で出場できず、飛距離抜群のスラッガー B
          香月一也 2年 182cm84kg 右左 左のスラッガー、広角に強い打球を打てる B
          水谷友生也 3年 175cm74kg 右右 遊撃手の守備力にプロ注目
          辻田大樹 3年 
177cm87kg 右右
2年生で4番を打ったが下位打線を打つ B
          森友哉 3年 
171cm80kg 右左
藤浪をリードし春夏連覇、18Uでも主軸
          笠松悠哉 3年 
179cm82kg 右右
昨年センバツで2本塁打、チャンスに強いバッティング B

 


PAGE TOP