大阪桐蔭が優勝、注目選手が活躍見せる

大阪桐蔭, 永谷暢章, 香月一也, 吉田有輝, 横井佑弥

 春季高校野球大阪大会は大阪桐蔭vs履正社の対戦となり、大阪桐蔭がセンバツ準優勝の履正社をやぶって優勝した。

大阪桐蔭、香月一也選手、 横井佑弥選手などが活躍

 センバツ準優勝の履正社を下して2012年に春夏連覇をしている大阪桐蔭が優勝した。大阪桐蔭は天才打者・香月一也選手のタイムリーで逆転し、5番で捕手の横井佑弥選手の3安打2打点1ホームランの活躍が目立った。

 香月一也選手は昨年出場した甲子園でも天才的な打撃を見せ、進学の可能性が高いもののドラフト候補としてプロが注目している。また横井選手は森友哉選手の後を託された捕手で、この日は打撃でも成長を見せた。

 2012年の豪華なメンバー程ではないが、実力の高い選手をそろえる大阪桐蔭、夏も履正社と大阪桐蔭が主役となりそうだ。

 

永谷暢章投手7失点

 履正社はセンバツでも活躍を見せた吉田有輝選手が初回にタイムリーで先制するなど序盤や優勢だったが、今大会からエース番号を付けた永谷暢章投手が7失点と粘れずに5-8で敗れた。

 吉田選手は今年のドラフト候補として注目される遊撃手、学業も優秀で進学の可能性もある。また187cmの身長から147km/hを投げる永谷暢章投手は、来年のドラフト上位候補にも名前が挙がる。

 

大阪桐蔭が春V 中村「粘り強く戦えた」 - ニッカンスポーツ・コム:2014/5/18

 大阪桐蔭が、センバツ準優勝の履正社に競り勝ち、2年ぶりに春の大阪を制した。3-4で迎えた6回に田中誠也投手(2年)中村誠外野手(3年)香月一也内野手(同)の適時打で3点を挙げて、逆転。終盤も小刻みに加点し、田中が11安打を打たれながらも5失点完投した。

センバツ準V履正社が敗戦 近畿大会逃す - ニッカンスポーツ・コム:2014/5/18

 初回に吉田有輝内野手(3年)の適時打で先制し、1-1の2回も中山翔太外野手(同)井上和弥内野手(同)の適時打で2点を勝ち越したが、中盤に先発のエース永谷暢章(2年)が大阪桐蔭打線につかまった。金岡洋平主将(3年)は「昨秋の対戦時と比べて、相手は守備も投手力も攻撃力もレベルアップしていたけれど、自分たちのミスがこういう結果につながったと思います。ボーンヘッドをなくしていかなければ」と厳しい表情だった。

大阪桐蔭、センバツ準優勝履正社下しV - デイリースポーツ紙面:2014/5/18

 


PAGE TOP