関東第一・高橋晴投手が145キロ、横浜DeNAなど3球団視察

高校野球ドラフトニュース 2017年ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

春季高校野球東京大会では、関東第一が勝利しベスト16入りした。先発した186cm87kgの高橋晴投手が145キロを記録し、横浜DeNAスカウトが評価している。

素材型

高橋晴投手は186cm87kgの大きな体で、きれいなフォームで上から投げ下ろす本格派として期待されているが、なかなかエースとして一本立ちできず、素材型の投手という評価になっている。

この日の駒込戦で先発を任されると、スカウトのスピードガンで自己最高を2キロ上回る145キロを記録し、12三振を奪う力投を見せた。しかし9回2アウトから同点2ランホームランを浴びるなど10安打に2本塁打を浴びている。完投して9回10安打12奪三振5失点、チームが9回裏にサヨナラで勝利したものの、「決めに行った球が甘く入ることがあった」と反省を口にした。

夏までに

この日は3球団のスカウトが視察し、横浜DeNAの吉田スカウト部長は「大きいけど足運びも悪くない。夏までにどこまで体ができるか」と話し、大型右腕だがバランスの良いフォームと潜在能力の高さを評価した。

夏にどんな投球ができるか、昨年の今井投手のように急激に結果を残し始めるかもしれない。現時点ではドラフト指名があるかどうかというところだと思うが、夏のピッチング次第で指名確実という事もあるかもしれない。

2017年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト

2017年度-高校生-東京都のドラフト候補リスト

高橋12Kも反省 デイリースポーツ紙面 2017/4/7
高橋145キロ最速更新 日刊スポーツ紙面 2017/4/7
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント