145キロ右腕の日本航空石川・大橋修人投手が150キロ目指しライバル抑える

日本航空石川, 大橋修人

昨年夏の甲子園で145キロを記録した日本航空石川の大橋修人投手は、甲子園で150キロを記録し、中学時代のライバルを抑えたいと意気込みを語った。

甲子園で150キロ

日本航空石川の大橋修人投手は、昨年夏の甲子園で花咲徳栄との2回戦でリリーフで登板し、自己最速となる145キロを記録した。その時、球速表示にスタンドから歓声があがり、「1球1球に大歓声が沸いて、甲子園は最高だと思った。145キロという数字が出て、甲子園で150キロを投げたい気持ちが強くなった」と話す。

中村監督は「大橋が入学した時に150キロを目指そうと言った」と、150キロが入学時からの目標だったことを明かした。しかし、昨年甲子園以降は大橋投手は速い球を投げるために体が開き、明治神宮大会では日大三戦で5回2失点、静岡戦で5回2/3で2失点とまずまずのピッチングを見せたものの、「フォームがバラバラだった。開きが早すぎた」と自己分析すると、中村監督も「フォームが安定しないと球速も出ない」と話した。

この冬は大雪のため、ネットスローやシャドーピッチングでフォーム固めに専念する形になった。「早く実戦で投げたい」と大橋投手は話した。

中学時代のライバルに

大橋投手は岐阜県羽島市出身で、中学時代は岐阜中央ボーイズでプレーしていた。同じ岐阜県の飛騨高山ボーイズには根尾昂投手がおり、その時には146キロの速球を投げて全国的にも注目されていた。大橋投手は根尾選手と対戦したが、「打たれた記憶が強い。」と話しており、「全国の舞台で抑えたい」と甲子園でのリベンジを誓った。

まずはチーム内のエース争いに勝つため、来月に解禁される練習試合で、球速と共に投球内容も重要になる。甲子園で背番号1をつけた大橋投手が、バックスクリーンに150キロを表示することができるか、注目したい。

2018年センバツ出場校とドラフト注目選手
2018年度-高校生投手のドラフト候補リスト

岐阜中央ボーイズ時代には、同じ岐阜の飛騨高山ボーイズでプレーしていた大阪桐蔭・根尾昂(あきら)投手兼遊撃手(2年)と対戦。今センバツNO1の注目選手に対し「打たれた記憶が強い。全国の舞台で抑えたい」と、リベンジを熱望した。


PAGE TOP