工学院大付の187cm右腕・渡辺充投手、「まずは大学、社会人で」

渡邊充, 工学院大付, 大学・社会人志望表明

工学院大付の187cm右腕・渡邊充投手が西東京大会4回戦でサヨナラ打を打たれて敗れた。進路について話している。

187cmから140キロ

187cmの長身右腕で最速140キロを投げる工学院大付の渡邊充投手はこの日、2-2の8回から3番手として登板すると、9回にサヨナラ打ヒットを浴びて。自慢のストレートで勝負したが、センター前にはじき返された。

渡邊投手は、春は先発しても制球の課題を見せてすぐに降板をするなどしていたという。この夏は1回戦で3回を投げて3安打無失点、2回戦は7回2/3を投げて3安打1失点と長いイニングを任された。しかし、中2日空いたこの日は8回からの登板となっていた。この日、ストレートを打たれた事について渡邊投手は、「あそこで変化球も投げられる投手になりたかった。」と話し、変化球にまだ抑える自信が持てていない事を話した。

将来については、「プロに行きたいけど、まずは大学か社会人でやろうと思います。レベルアップしてドライチを目指します」と話し、まずは大学・社会人でのプレーを目指すと話した。

187cmの大型右腕が、ますます大きくなって、今以上に注目される存在となってくることを期待して待ちたい。

夏の高校野球・西東京大会の展望(2019)と注目選手:ドラフト注目度A
2019年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト

「あそこで変化球も投げられる投手になりたかった。プロに行きたいけど、まずは大学か社会人でやろうと思います。レベルアップしてドライチを目指します」と、悔しさを糧にしての成長を誓った。

昨年東京都選抜候補入りした右腕は「(将来的には)プロに行きたいんですけど…」と話し、これから大学、社会人を含めて進路を決めていく。


PAGE TOP