148キロ右腕の社・藤本竜輝投手が3安打9奪三振完封

高校野球ドラフトニュース 2019年ドラフトニュース

148キロ右腕の社の藤本竜輝投手が、須磨翔風の北村聡汰投手との投げ合いを制した。

試合を支配

プロ注目投手同士の対戦となった社vs須磨翔風の試合は、148キロ右腕の社・藤本竜輝投手が試合を支配した。

「初回の流れが試合を決めるので、力を入れていきました」と話すように、初回に全力のストレートで2者連続三振を奪い3人で斬ると、2回以降は「あとは8割くらいの力で」と、制球重視、テンポ重視のピッチングで打ち取っていく。

須磨翔風の北村聡汰投手もさすがの好投を見せて、7回まで0-0の投げ合いが続いたが、8回にようやく味方が2点を奪うと、9回も藤本投手が抑えきった。9回を投げて3安打9奪三振2四死球、見事な完封勝利だった。

夏に合わせてきた藤本投手は、フォームは力投型だが投球内容はクレバーで、しっかりと1試合のプランを作っていく。そしてチームは夏の甲子園はまだ出場したことがないが、この夏のプランについて、「先を見ずに1戦1戦を戦っていきたい。甲子園出場を通過点として、目の前の1試合1試合に集中していきたい」と話し、甲子園出場は通過点と話している。

しっかりと状態を上げてきたエースが頼りになる社、甲子園まであと3勝となった。

2019年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
2019年度-高校生-兵庫県のドラフト候補リスト
夏の高校野球・兵庫大会の展望(2019)と注目選手:ドラフト注目度A

8回表終了時点で両チーム無得点。須磨翔風エース北村聡汰投手(3年)との壮絶な投げ合いを制した。強い直球で押す。キレ味抜群のスライダーで振らせる。9奪三振2四球で被安打はわずかに3。「思っていた真っすぐ、変化球を投げられた」と納得した。

隙がなかった。「初回の流れが試合を決めるので、力を入れていきました」。初回は先頭から2者連続三振を奪うなど、3人で抑えてリズムに乗った。その後も安定した投球を見せ、2点先制後の九回も無失点で笑顔のフィニッシュ。

「初回に力を入れて、それからは8割で投げようと思っていました」
須磨翔風の北村聡汰投手(3年)と7回終了まで無失点の投げ合い。8回裏に味方打線が2点を先制すると、被安打3、9奪三振で試合を終わらせた。

「最初から自分が思った通りの直球や変化球が行っていた」と胸を張った。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント