桐生第一の144キロ右腕・蓼原慎仁投手、甲子園へ

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース

桐生第一の144キロ右腕・蓼原慎仁投手が、一度はあきらめかけた甲子園に登場する。

144キロ右腕

桐生第一の蓼原慎仁投手は、180cmの身長があり、昨年秋は主にリリーフとして登板し140キロを記録していた。群馬大会では背番号10、関東大会では18を背負っていた。

そしてこの冬場に大きく成長を見せた。体重が5kg増え、フォームを改良を重ねた結果、現在では現在では最速144キロを記録している。成長を認めた今泉監督もセンバツ大会では先発として投げさせる予定だった。しかし、センバツが中止となり、気持ちを切り替えて目指していた夏の甲子園も中止に、それでも「諦めたら終わり、と自分に言い聞かせてやってきた。」と話していた。

そして、甲子園で試合ができる事になった。「どうすればいいかわからないことばかりだったけど、最後の夏に全てをかけ、チャンスにしたい」と話した。

プロ複数球団が注目をしており、この春、夏の投球次第でドラフト会議での指名も考慮されていた。しかし大会が無くなったことで、誘いを受けていた地元の社会人チームに進むことも考えていた。「アピールの場ができた。150キロを出したい」と話し、甲子園での150キロとプロ入りを目指す。

目標は横浜DeNAの山崎康晃投手、「まだまだだけど、直球で三振が取れる投手を目指したい」と話し、甲子園での投球に意気込みを見せた。

蓼原投手は、秋は高めが多かったストレートはまだ空振りが奪えるものではなく、詰まらせて打たせて取るような感じだったが、大きく曲がるフォークボールが良かった。夏は、真っすぐで三振が奪えるような投球を見たい。それができれば、ドラフト会議での指名へつながりそうだ。

甲子園高校野球交流戦の出場校と注目選手一覧(2020)
甲子園高校野球交流戦の開催が決定しました。出場するチームと注目選手を紹介します。
スポーツ紙各紙の甲子園交流戦注目選手
中止となった第92回センバツ高校野球大会に代わる、「2020年甲子園高校野球交流試合」が行われる。スポーツ紙各紙も注目選手をリストアップした。6月11日更新!
センバツに出場する注目投手、センバツ最速を目指す投手たち
センバツ出場校が出そろい、大会に登場する選手が注目される。投手では中京大中京・高橋宏斗投手、明石商・中森俊介投手、智弁和歌山・小林樹斗投手、大分商・川瀬堅斗投手がBIG4となりそうだ。
センバツに出場する注目野手、世代NO.1を目指すスラッガー
センバツ出場校が出そろい大会に登場する選手が注目される。野手では明石商・来田涼斗選手、東海大相模・西川僚祐選手、花咲徳栄・井上朋也選手、履正社・関本勇輔選手、星稜・内山壮真選手などが注目される。

秋の群馬大会は背番号「10」、関東大会は「18」だったが、厳しいトレーニングを重ねて体重は5キロ増の80キロ。インステップ気味だった投球フォームを改良し、最速140キロが144キロまでアップした。

プロ志望の最速144キロ右腕、蓼原(たではら)慎仁投手(3年)は「アピールの場ができた。150キロを出したい」と意気込んだ。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント