金足農の145キロ右腕・加藤響投手は公式戦初登板で151球完投

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース

明桜と対戦した金足農の加藤響投手は、最速145キロの速球を投げる。1年時にエースだった吉田輝星投手(2018年北海道日本ハムドラフト1位)から、「お前はオレの1年時よりもすごい」と期待されていた。

スポンサーリンク

公式戦初登板

体はそれほど大きくないが、投げる球の威力がある。同じく体がそれほど大きくなかった吉田投手も認めていた。

しかし、1年生秋に恥骨疲労骨折をしてしまうと、それから1年間はリハビリの生活が続き、公式戦登板は出来ていなかった。そして今年、春にようやく投げられるようになると、吉田投手が期待した通り145キロ右腕に成長していた。しかし、新型コロナウイルスの影響により春の大会、夏の大会も中止された。

かろうじて秋田の代替大会の開催が決まり、しかも相手は2年前の決勝で勝利している明桜、その初戦であるこの日に2年間のつらかった思いをぶつけた。

加藤投手は3回まで無失点に抑え、明桜の146キロ右腕・橘高康太投手と投げ合いを演じた。4回に3連打で2失点をしたものの、その後もカーブなどで緩急をつけ、強打の明桜打線を9回まで3失点に抑えた。この投球に明桜の輿石監督も「背番号1が吉田君と被って見えた」と話した。

この日は10球団14人のスカウトが視察にきていたが、まずは公式戦初登板でアピールができた。そして「今後は大学などにいってプロを目指し、吉田さんを超えられるような存在になりたい」と話した。

2020年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2020年度-高校生-秋田県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
秋田県高校野球大会(2020)の注目選手:ドラフト注目度B
秋田県高校野球大会はの注目選手を紹介します。

「今後は大学などにいってプロを目指し、吉田さんを超えられるような存在になりたい」。

2学年上の吉田輝星投手(現日本ハム)から「お前がオレの1年時よりもすごい」と期待されていた最速145キロ右腕・加藤響投手(3年)は、相手の強力打線を3失点に抑えた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント