習志野が快勝、桜井亨佑選手3安打、和田泰征選手は捕手転向でオリックスなど5球団にアピール

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース オリックスドラフトニュース

習志野高校が夏初戦を迎え、プロ注目の4番・桜井亨佑選手が3安打2打点2盗塁の活躍を見せた。昨年までサードを守っていた和田泰征選手は捕手で出場し、オリックスがプレーを評価している。

5球団が視察

昨年のセンバツ、夏の甲子園で4番を打ち、強打と高い技術に注目されている桜井亨佑選手は、この日は4回にレフトオーバーの3ベースヒットを打つなど、3安打2打点、また俊足も見せ2盗塁を記録した。

3ベースヒットについて、「逆方向に強い打球を打つことが課題だった」と話し、逆方向への大きな当たりに手ごたえを感じていた。またこの日は将来を見据えてサードを守った。

そして昨年までサードで出場していた大型内野手の和田泰征選手は、この日は3番サードで出場し、ライトオーバーの2点タイムリー3ベースヒットを打った。和田選手はプロ志望届を提出する予定だが、「捕手も三塁手もできることを売りにしたい」と話した。

この日は5球団のスカウトが視察に訪れたが、オリックスの早川スカウトは和田捕手について、「肩もいいし、打てるキャッチャー」と評価した。

美爆音のない中で初戦を突破し、甲子園のない夏だが、習志野が連覇を目指す。

2020年度-高校生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2020年度-高校生捕手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
千葉県高校野球大会(2020)の注目選手:ドラフト注目度A
千葉県高校野球大会はの注目選手を紹介します。

春の甲子園準優勝を経験した4番の桜井亨佑(3年)はプロ5球団のスカウトが見守る中で、3安打2打点2盗塁と大暴れした。

和田が捕手デビューでアピール 西日本スポーツ紙面 2020/8/5

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント