中大が始動、桜井亨佑選手は昨秋を越えてプロ入りへアピール、西館投手の穴埋める新3年も

2024年ドラフトニュース 2025年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース

中央大が1月9日にチーム練習を開始し、桜井亨佑選手、新3年の三奈木亜星投手、岩城颯空投手などが今年の決意を示した。

スポンサーリンク

プロで活躍する先輩を追う

中央大は牧選手、森下選手がプロで活躍し、すでにチームを引っ張る存在になっている。また、昨年のドラフト会議ではエースの西舘勇陽投手が巨人にドラフト1位指名されるなど、評価の高い選手が次々と出てきている。

今年、注目されるのは昨年12月の大学代表候補強化合宿にも参加した桜井亨佑選手だ。昨年秋の東都リーグ1部では打率.351を記録して首位打者を獲得、外野手のベストナインにも選ばれた。今年は「長打力、走力、全ての面でレベルアップしないと。バッティングも長打力を求めつつ、コンスタントに打率を残せるようにしたい。秋の結果を超えられるように頑張っていきたい」と話す。

習志野高校で主軸を打ち、長打力を見せていた。大学ではまだリーグ戦でホームランを放っておらず、まずはリーグ1本目を出したい所。また代表候補合宿では、渡部選手や西川選手といったプロ注目の外野手と一緒にプレーし、まだまだ足りないと認識したのではないかとも思う。

それでも昨秋は青山学院大の下山投手からもヒットを打ち、「真っすぐにコンタクトできて、自信になった」と手応えを感じている。今年春の急成長を期待したい。

また、エース西舘投手、2番手・石田投手が抜けた所に誰が入るのかも注目される。新4年生の美又王寿投手や中村伊吹投手の奮起にも期待したいが、新3年生の152キロ右腕・三奈木亜星投手と147キロ左腕・岩城颯空投手に期待されている。

昨年はリリーフで投げていた岩城投手は「昨年から、4年生が卒業したら、僕らが頑張っていこうと話していた。」と三奈木投手と話しており、三奈木投手も「下級生の頃から投げさせてもらっていて、自分たちの中にはその意識があって取り組んできた。リーグ戦に向けて、さらに自覚をもって行動していこうと思っている」と話した。

少しでも戦力に隙があると入れ替え戦に出なければならなくなる東都1部、しかしそのリーグを制すれば日本一が見えてくる。桜井選手を中心とした打線と投手陣がしっかりと機能し、日本一を目指したい。

中央大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2024年度-大学生外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2025年度-大学生のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【大学野球】牧先輩、森下先輩に続け! 中大のドラフト候補・桜井亨佑が昨秋の「2冠超え」に闘志 : スポーツ報知
 東都大学野球リーグの中大が9日、東京・八王子市内の同校グラウンドで今年初の練習を行った。今秋ドラフト候補の主将・桜井亨佑(こうすけ)外野手(3年=習志野)は、打率3割5分1厘で首位打者とベストナイン
今秋ドラフト候補の中大・桜井 2学年先輩の阪神・森下に刺激「あんな選手になりたい」/デイリースポーツ online
 東都大学野球リーグの中大が9日、同大学グラウンドで始動し、主将で今秋ドラフト候補の桜井亨佑外野手(3年・習志野)がOBである阪神・森下のような活躍を誓った。 2学年上の先輩が新人最多7打点を挙げた日本シリーズをテレビ観戦したといい「すごい刺激になりました。あんな選手になりたい」と決意。今オフは会う機会がなかったものの...
【大学野球】中大、Gドラ1西舘ら卒業後のエース候補は152キロ右腕&147キロ左腕「柱になってほしい」 : スポーツ報知
 東都大学野球リーグの中大が9日、東京・八王子市内の同校グラウンドで今年初の練習を行った。巨人のドラフト1位・西舘勇陽ら主力の4年生投手が卒業する中、清水達也監督(59)は152キロ右腕の三奈木亜星(
中大が練習始め 147キロ左腕の岩城颯空、152キロ右腕の三奈木亜星がエース候補 - アマ野球 : 日刊スポーツ
東都大学野球の中大が9日、八王子市内の同大グラウンドで練習始めを行った。昨年のエースで巨人ドラフト1位の西舘の後継者として、最速147キロ左腕・岩城颯空(はく… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2024 Draft home page

コメント