二松学舎大付・秋広優人選手に10球団が視察、プロ志望明言

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 福岡ソフトバンクドラフトニュース

二松学舎大付が大森学園に5-6で敗れ、秋広優人選手の高校野球が終わった。この日は10球団のスカウトが視察に訪れるなど注目されており、試合後にプロ志望届を提出することを明らかにした。

10球団が視察

秋広優人選手は投手で先発すると、ストレートは最速140キロで「ボールがいってなくて、ファウルで粘られたり、ポテンヒットを打たれたりしました」と苦しんだ。3回に四球の後、4連打で2点を失い、4回に先頭打者を内野安打で出塁させた場面でマウンドから降りた。

打撃では7回に2アウト満塁で打席に入ると、しっかりとセンター前にはじき返して2点タイムリーヒットを打った。しかし、9回の最後の打席を含め、2つの申告敬遠などで勝負をされず、追いつくことができなかった。

試合後に秋広選手は「自分たちの代は、去年の秋、初戦で負けて、監督さんには迷惑ばかりかけてしまいました。優勝して思いを返そうと思ったのですが、悔しいです」と話した。

しかし、その上で「プロでやれる実力でもない。努力して、通用するように頑張りたい。高校野球で学んだ、人間性が大事だということ。それをこれからの人生に生かしたいです」と話し、プロ志望を明言した。

144キロの200cm右腕、また高校通算23本塁打の左の強打者に、この日は10球団のスカウトが視察し、福岡ソフトバンクの作山アマスカウトチーフ補佐は「投打にわたって将来性のある選手」と評価した。

プロ志望届も近日中に提出され、おそらく、プロ志望高校生の合同練習会にも参加し、秋を迎える事になる。現時点では素質を評価した球団がドラフト5位前後で指名をするのではないかとみられる。

東東京都高校野球大会(2020)の注目選手:ドラフト注目度C
東東京都高校野球大会はの注目選手を紹介します。
2020年度-高校生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

改めてプロ志望を明言。その上で「プロでやれる実力でもない。努力して、通用するように頑張りたい。高校野球で学んだ、人間性が大事だということ。それをこれからの人生に生かしたいです」と前を向いた。

10球団スカウト視察も、長身秋広「悔しい」3失点 サンケイスポーツ紙面 2020/8/5

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント