三島南・前田銀治選手、初出場校引っ張る二刀流

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

21世紀枠でセンバツ出場を決めた三島南、前田銀治選手は182cm87kgの大型選手で投打で注目される。

スポンサーリンク

二刀流

前田銀治選手は182cm87kgの恵まれた体から、豪快なスイングで長打を打つ選手だった。そして遠投100mの強肩で、昨年、新チームとなってから投手にも挑戦すると最速139キロを記録し、秋はリリーフ投手としても活躍を見せた。

投手としての初めての厳しさも経験した。「マウンドに立った時の孤独感がすごくて、試合の雰囲気にのみ込まれてしまった」と話し、投球が打撃にも影響、「秋は打撃も絶不調だった」と話す。

この冬は「マウンドで自分に負けていたのは体力がないから」と、走り込みをして下半身を鍛え、投手としての体力を強化を図る。また打撃でも対応力を高めるために、様々なティー打撃を行った。「球が今まで以上に走るようになったし、ミート率も上がってきた」と成長を実感している。

センバツに出場する。「甲子園のマウンドは特別な場所。どんなに練習しても、やっぱりドキドキすると思う」と話すが、前田選手の大きな体が、マウンドでもバッターボックスでも躍動することを期待したい。

【決定】センバツ出場校と注目選手一覧(2021)
2021年3月19日開幕のセンバツ高校野球大会に出場する32校がに発表された。出場高校と注目選手を紹介します。
2021年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

182センチ、87キロの恵まれた体から繰り出す豪快なスイングと遠投100メートルの強肩が持ち味。そのポテンシャルを買われ、新チーム発足後から投手に挑戦。わずか1カ月で速球の球速が139キロを計測するなど頭角を現し、7回以降を託されるまでに成長した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント