智弁学園・前川右京選手が決勝打、DeNAスカウト「高校生ではスイングがすごい」

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

センバツでは智弁学園の前川右京選手が今大会初安打を打ち、決勝打となった。横浜DeNAスカウトが評価をしている。

スポンサーリンク

詰まりながら

前川右京選手は3回、2アウト1,3塁の場面で打席に入ると、詰まりながらもセンター前に運び、今大会初安打が勝ち越し打となった。また5回にも先頭打者で一二塁間を破る痛烈なヒットを打った。初安打について「どんな形でもいいから魂で打とう、と。バットの根っこに当たってラッキーなヒットだった」と話した。

それでも前川選手は「あまり調子は良くない。本来の打撃はできていない」と話す。しかし視察した横浜DeNAの安部スカウトは「高校生ではスイングがすごい。打球が速い」と、スイングの強さをしっかりとチェックしていた。

この日の安打がきっかけとなり、状態が上向いてくるか注目したい。

2021年度-高校生外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

DeNA・安部スカウトは「高校生ではスイングがすごい。打球が速い」と舌を巻いた。それでも前川は「あまり調子は良くない。本来の打撃はできていない」と満足していない。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント