日刊スポーツが高校生のドラフト候補特集、花巻東・田代旭捕手、京都国際・森下瑠大投手を紹介

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

日刊スポーツは、昨年の大学生編に続き、2022年のドラフト候補、高校生編を掲載している。記事では花巻東・田代旭選手、京都国際・森下瑠大投手を大きく紹介し、高校生のドラフト候補46人のリストを載せた。

スポンサーリンク

強肩強打の捕手

花巻東の田代旭選手は、花巻東の4番バッターとして高校通算41本塁打の強打と、二塁送球1.8秒の強肩捕手として注目されている。

打撃では、MLBのハーパー選手の打撃を参考に、フルスイングで左右に長打を放つ。フォロースルーにもこだわりを持ち、「自分の身上はフルスイング」と話す。明治神宮大会でもライトスタンドにホームランを放ち、その力を見せた。

また、捕手としても花巻東の技巧派左腕・萬谷大輝投手を巧みにリードし、二塁送球1.8秒の強肩を見せる。

田代選手は明治神宮大会について、「課題も見つかりましたけど、自信にもなりました」と話し、将来について「高卒プロ入りを目指します」とプロ志望を明らかにした。

秋のドラフト会議では指名の可能性が高いと見られる。

日本一のサウスポー

京都国際の森下瑠大投手は、最速143キロのストレートにカーブ、チェンジアップなどの変化球をコントロール良く投げ、昨年は春夏の甲子園に出場し、夏はベスト4進出を果たした。また、秋の近畿大会・和歌山東戦では6回から登板し、4イニングで6奪三振を奪う快投を見せた。

すでに12球団のスカウトが視察に訪れるなど注目度は高いが、日本一のサウスポーに向けて「140キロ後半を投げられるようになりたい。平均で145キロを投げられるように。今年の高校野球は森下だ、と言われるくらいの選手になって、日本一のプレーヤーを目指したい」と話す。

球速が145キロを超えてくれば、ドラフト上位指名は確実だろう。今年の高校生左腕の中心にいる選手であることはもう間違いない。

 

また特集では高校生のドラフト候補46人を掲載している。リストについては2022年ドラフト候補一覧に反映してゆきます。

2022年ドラフト候補一覧
2022年のドラフト候補選手一覧です。 ドラフト候補選手の動画とみんなの評価もご覧ください。
2022年度-高校生捕手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

右に左に強打・強肩、花巻東・田代旭 ー日刊スポーツ紙面

日本一のサウスポーへ、京都国際・森下瑠大 ー日刊スポーツ紙面

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント