花巻東の佐々木 麟太郎選手は昨年12月に両肩を手術、将来の不安の解消のため

高校野球ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

1年生ながらすでに高校通算50本塁打を放ち、早くも2023年のドラフトに向けてプロ球団がマークをしている花巻東の佐々木麟太郎選手が、昨年12月に両肩を手術していたことがわかった。

スポンサーリンク

胸郭出口症候群

佐々木麟太郎選手は、中学2年頃から両手がしびれるなどの症状があり、高校に入ってからは痛み止めの注射を打って出場をしていたという。血管が圧迫されてしびれなどの症状が出る胸郭出口症候群のためで、その手術を昨年の12月に行った。

佐々木選手は、「この先長い目で見たらこの時期がベストだった。早期復帰を目指してやっている」と話し、1年生の冬のタイミングで、将来の不安を解消するために手術をした。12月6日から21日まで入院をしていたが、現在はフルスイングやキャッチボールなどは制限されており、父の佐々木監督も「腕が上がるようになったくらい」と話す。

それでも、佐々木選手は「離れるのは怖かったけど、先を見ればやって良かった。大会に向けて治していくだけ」と話し、3月に向けてリハビリを行っていく。その間に試合での自分の動画をチェックし、「まだ足りないことが多い。それに気づけたので、これから成長できると思う」と話す。

センバツでは特に注目される選手の一人となる。順調な回復を祈りたい。

2023年度-高校生のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年センバツ出場予想と注目選手
明治神宮大会が終了し、来年の各地区のセンバツ出場枠が決定しました。出場チーム予想と注目選手の紹介をします。
花巻東・佐々木麟太郎始動「日本一とるため勝利に貢献」手術から復活第1歩 - 高校野球 : 日刊スポーツ
高校通算50本塁打を誇る佐々木麟太郎内野手(1年)の22年が始まった。花巻東は5日、花巻神社で必勝祈願を行い、練習を始動。「今年こそ日本一をとりたい。よろしく… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

リハビリ期間中は、昨年中の試合の動画を細かくチェック。「まだ足りないことが多い。それに気づけたので、これから成長できると思う」と自信を見せた。1カ月も大好きな野球から離れたのは人生初めて。

花巻東・佐々木 両肩手術していた 胸郭出口症候群「早期復帰を目指している」/デイリースポーツ online
 今春のセンバツ(3月18日開幕・甲子園)出場を確実にしている花巻東が5日、岩手県花巻市内の同校グラウンドで始動した。佐々木洋監督(46)の長男で、高校通算50本塁打を誇る佐々木麟太郎内野手(1年)は、昨年12月上旬に胸郭出口症候群で両肩を手術していたことを明かした。現在はリハビリに専念しているが、早期復帰を目指してい...

現在はフルスイング、キャッチボールなど練習メニューは制限されており、佐々木監督は「腕が上がるようになったくらい」と説明。この日はバットを握る姿があった程度だ。それでも「(野球から)離れるのは怖かったけど、先を見ればやって良かった。大会に向けて治していくだけ」と、3月の聖地に照準を合わせている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント