智弁学園が甲子園出場、松本大輝選手が決勝戦で2本塁打し今大会4本塁打で甲子園へ

高校野球ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

夏の高校野球奈良大会では、智弁学園が高田商に8-1で勝利し甲子園出場を決めた。松本大輝選手が先頭打者ホームランなど2本塁打を放った。

スポンサーリンク

前川によく似ている

1番で出場した松本大輝選手はこの日、第1打席の初球をフルスイングすると、鋭い打球がライトスタンドに飛び込み、先頭打者ホームランとなった。そして7-1とリードした8回にも右中間への特大のホームランを放った。

今大会はこれで4本塁打、高校通算31号とした。智弁学園からは2年前に前川右京選手が夏の甲子園決勝まで勝ち上がったチームの1番打者をつとめており、その年のドラフト会議で阪神に4位で指名された。小坂将商監督は松本選手を「よく似ている」と話す。

松本選手は「最後の夏は甲子園一本でやってきた。」と話し、2021年に準優勝だった先輩を越えたいと「そういう気持ちは凄くあります」と強く語った。目指すは先輩超えの甲子園優勝のみ。甲子園では恐怖の1番・松本選手の第1打席の初球が注目されそうだ。

夏の高校野球・奈良大会(2023)の注目選手、ドラフト注目度C
夏の高校野球奈良大会の注目選手です。ドラフト注目度C。
2023年度-高校生外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
智弁学園 “前川2世”松本2発で甲子園決めた 最後の夏は先輩超え日本一あるのみ - スポニチ Sponichi Annex 野球
 第105回全国高校野球選手権(8月6日開幕、甲子園)の出場校を決める地方大会の決勝が28日に各地で開催された。奈良大会では智弁学園が高田商を8―1で下し、2年ぶり21度目の優勝を飾った。
【奈良】智弁学園が大会最多タイ12本塁打で2年ぶり21度目の優勝 松本大輝は先頭打者弾含む決勝で2発 : スポーツ報知
 奈良では、今春の近畿王者・智弁学園が松本大輝右翼手(3年)の2発など12安打で高田商に大勝。大会最多タイ12本塁打で2年ぶり21度目の切符を得た。
智弁学園・松本大輝、阪神前川右京先輩超え日本一へ決勝で2発「甲子園でもホームラン」/奈良 - 高校野球夏の地方大会 : 日刊スポーツ
「前川超え」の全国制覇へ、第1関門突破だ!智弁学園が、3本塁打を含む12安打8得点で2年ぶり21回目の優勝を飾った。今大会5試合で12本塁打は同校が19年に持… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2023 Draft home page

コメント