高校野球鹿児島大会の展望(2018)と注目選手:ドラフト注目度B

羽月隆太郎, 西竜我, 松江優作, 松本晴, 内田慶介, 松永遥平, 上川路大輝, 上鶴剛正, 松下航太, 板越大剛, 小峯新陸, 神里啓斗

夏の高校野球鹿児島大会が7月7日に開幕する。

昨年は、昨年は注目選手が少なく、プロの進んだ選手もいなかった。今年は投手、野手に将来が楽しみな選手がおり、ドラフト注目度はB

地区

昨年の鹿児島大会は神村学園が鹿児島高校に5-2で勝利し甲子園に出場、甲子園では2回戦の京都成章に3-2で勝利したものの、明豊戦では延長12回に3点を奪いながら4点を奪われて逆転負けを喫した。

秋は神村学園が優勝をし、鹿児島実が準優勝もセンバツ出場校は無し、春は神村学園が準決勝まで勝ち上がるも、部内の暴力のために準決勝を辞退した。優勝はれいめい、準優勝は樟南、国分中央もベスト4に入った。

実力のある鹿児島実と樟南、そして今夏開幕まで対外試合禁止の神村学園に、鹿児島城西、れいめい、国分中央などが優勝を狙う。

注目選手

今年のドラフト指名が確実という選手はいません。

その他の注目選手

樟南の松本晴投手は180cmから145キロの速球を投げるサウスポー。昨年夏にデビューすると、準々決勝の大島戦で9回2アウトまでノーヒットピッチングを見せて注目を集めた。コントロールにも自信があり、インコースにしっかりと投げられる。目をつけているプロスカウトがいる。

れいめいの松江優作投手も177cmの左腕投手で球速は143キロを記録する。右バッターへのインコースへ厳しい球を投げ、昨年秋は6回から延長13回までの8イニングで17奪三振を記録するなど、スライダー、カーブとクロスファイアの真っすぐのコンビネーションが良い。

国分中央の内田慶介投手は175cmの右腕で143キロの速球を投げる。この春は5試合すべてに先発しベスト4入りを果たしたエース。鹿児島高の松永遥平投手も171cmだが138キロの速球に力がある。指宿商の上川路大輝投手は165cmだが球速は140キロを記録、15回を完投するなどスタミナも精神力の強さもある。鹿屋高校の上鶴剛正投手は176cmから135キロの速球に、縦に鋭く曲がるスライダーを武器に三振を奪う。

野手では樟南の松下航太選手が、この春にホームランを量産し、鹿児島大会ではバックスクリーンにホームランを放った。鹿児島実の板越大剛選手も樟南戦でバックスクリーン弾を見せたが、2年時までホームラン0本がこの春に3本塁打を記録している。同じく鹿児島実の西竜我選手もパワーと50m6.0秒の足があり、津留大至選手は広角にヒットを打つ技術を見せる。

神村学園の羽月隆太郎選手は昨年夏の甲子園で2番ショートで出場し、明豊戦では2本のスリーベースヒットを打った。140キロを記録する強肩とシュアな打撃が注目される。

2年生では鹿児島城西の選手が注目。小峯新陸投手は189cmの大型右腕で球速も140キロを記録しており、半端ない投手になっていく可能性がある。また神里啓斗選手は一塁到達が3.9秒の足がある俊足選手、広い守備範囲もありこちらも成長に期待したい。

優勝予想

優勝候補の神村学園がぶっつけ本番で臨むという不確定要素の中で予想は非常に難しいが、樟南が投手、野手に軸があり、勝ち上がっていくチームと見ることはできる。それでも鹿児島実、鹿児島城西もしっかりとした武器があるチームで、混戦になるのは間違いない。

ブロックを見るとノーシードの鹿児島城西が、鹿児島実と国分中央のブロックに入り厳しくなっているが、どこのブロックも侮れないチームがいる。

2018年度以降-高校生-鹿児島県のドラフト候補リスト


PAGE TOP