リーグ優勝狙う横浜DeNAはルーキー6人が1軍キャンプスタート

東克樹, 神里和毅

セリーグ連覇の広島に挑む横浜DeNAは、ルーキー6人が1軍キャンプ入りし、戦力アップを図る。

6人が1軍キャンプスタート

横浜DeNAは、昨年はCSを制してセリーグ代表として日本シリーズを戦ったが、広島カープに勝ち越すなどセリーグ2連覇の広島に対して、3連覇阻止の挑戦をする。その為に昨年のドラフト会議では清宮選手など将来性を評価する選手ではなく、ドラフト1位で東克樹投手、2位で神里和毅外野手など、「優勝をするためのパーツ」としてチームの足りない部分の選手を指名した。

キャンプも、東投手、神里選手の他に、4位の齋藤俊介投手など6人が1軍キャンプスタートとなった模様で、1軍キャンプでの生き残り競争をしてチーム力を高めていく。

王者広島は、レギュラー陣も多くのポジションが固定され、投手陣も先発・リリーフに充実している。選手も自身で戦い方、勝ち方を知ったチームとなり充実している。そこに挑むためには挑戦者としての勢いが必要で、そのためにまずはチーム内での厳しいポジション争いを生き残った選手が必要となる。

東投手は先発左腕として、石田、今永、濱口と争う事になる。神里選手は外野手として、桑原選手、梶谷選手の座を脅かす。齋藤投手はリリーフとしてJX-ENEOSの先輩である三上投手などの座を奪いに行く。ほかにも寺田投手もサイドスローのリリーフとして期待され、楠本泰史選手も投げる方の故障の影響が小さくなれば、打撃では大学トップクラスの実力があり、外野手としてポジションを争える。

昨年の日本シリーズでも痛烈なヒットを打った高卒2年目の細川成也選手も1軍キャンプ入りし、激戦のキャンプとなりそうだ。

横浜DeNAベイスターズ、過去のドラフト指名一覧

ラミレス監督は「どれだけできるかを見られたら。1位の東は2桁勝つポテンシャルがあるし、2位の神里も1軍で競争する能力がある」と期待。また、高卒2年目の細川の1軍スタートも決まった。


PAGE TOP