146キロ右腕、NTT東日本・福田龍太投手が4回無失点

NTT東日本, 福田龍太

NTT東日本はこの日、平成国際大と今年初のオープン戦を行い、専大卒2年目の福田龍太投手が4回無失点の好投を見せた。

146キロ本格派

福田龍太投手は181cm88kgの右腕投手で、矢板中央高校では146キロの速球を投げ、また高校通算44本塁打を放つ選手としてプロも注目した。専修大に進むと1年時は2部で登板をしたものの、その後、右肘、左膝などを故障が相次ぎリーグ戦は未勝利に終わる。

NTT東日本に進んだ昨年も公式戦は未登板だったが、この日、この春のチーム初のオープン戦で登板を果たした。2番手で登板した福田投手はキレのあるストレートとフォークで4回を投げて3安打無失点、「ここまでやってきたものを出せた」と復活の手ごたえを感じていた。

素質は高く評価されておりあとは経験、飯塚監督は「経験を積ませたい」と話し、今年は福田投手を積極的に使っていく。福田投手も「早く公式戦で結果を出せるようにしたい」と話した。経験を積んでゆけば、秋には見違える投手になっていくかもしれない。

NTT東日本では154キロの速球を投げる同学年で同じく今年ドラフト解禁の西村天裕投手がいる。プロのスカウトの視線も集まることになりそうだが、西村投手、福田投手と2枚のプロ注目投手をどのように起用していくのかにも注目したい。

NTT東日本のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2017年度-社会人投手-右投のドラフト候補リスト

NTT東日本は18日、オープン戦初戦の平成国際大戦に2年目の最速146キロ右腕、福田龍が2番手で登板。4回を3安打無失点に抑えた。

今秋ドラフト候補の154キロ右腕・西村は登板しなかったが、大卒2年目の146キロ右腕・福田龍が救援で4回無失点。


PAGE TOP