横浜DeNAドラフト2位と4位の対戦は、1打数0安打1四球

日本生命, 齋藤俊介, 神里和毅, X-ENEOS

社会人野球日本選手権、この日は日本生命vsJX-ENEOSの対戦があり、横浜DeNAがドラフト2位で指名した日本生命・神里和毅選手と、ドラフト4位で指名したJX-ENEOS・齋藤俊介投手が直接対戦した。

直接対決

来年からチームメイトになるとみられる二人、神里選手は1番レフトで出場すると、齋藤投手が5回からマウンドに上った。対決はまず6回1アウトで、神里選手はカウント3-1からファールで2つ粘り、四球を奪った。続いての対戦は8回2アウトから、今度はカウント2-0から神里選手が打って出たもののショートゴロだった。2打席の対戦で1打数ノーヒットだった。

神里選手はこの日は2打数1安打1打点、2つの四球を選び1番バッターとしての役割を果たした。「2四球はしっかり粘れた。自分の持ち味が出たと思う」と話した。

齋藤投手はこの日は4イニングを4安打3奪三振1失点、立ち上がりの5回に1失点をしたがそれについて「相手の勢いを完全に止めてやろうと思ったが、力が入りすぎてボール1個分中に入ってしまった。」と話した。

二人が指名された横浜DeNAはこの日、日本シリーズで敗れて悔しさを味わった。二人が加わり、日本一に貢献するプレーを見たい。

2017ドラフト指名選手
2017年度-社会人外野手のドラフト候補リスト
2017年度-社会人投手-右投のドラフト候補リスト


PAGE TOP