来秋ドラフト候補・鷺宮製作所・平川裕太投手が145キロでピンチしのぐ

鷺宮製作所, 平川裕太

社会人野球日本選手権は1日目、鷺宮製作所は最速151キロを投げる来年のドラフト候補・平川裕太投手がリリーフでピンチを抑え、サヨナラ勝利を演出した。

145キロで空振り三振

鷺宮製作所は2点リードの8回にノーアウト1,2塁の場面で、来年のドラフト候補・平川裕太投手がマウンドに立った。しかし、犠打の後にショートゴロで1点を与え、さらにタイムリー3ベースヒットを浴びて同点に追いつかれてしまう。しかし、2アウトランナー3塁の場面で三振を奪って何とか同点止まりでしのいだ。

しかし9回も勢いに乗るシティライト岡山打線は1アウトからヒットがでて、さらに味方のエラーで2アウトながら1,3塁のピンチとなり相手の4番・小竹一樹選手を迎えた。そこで平川投手は145キロの真っすぐで空振り三振を奪い、勝ち越し点は与えなかった。その裏にチームはサヨナラ勝利した。

平川投手は東海大浦安から国際武道大に進むと、172cmと小柄ながら最速151キロを投げる右腕として注目された。来年のドラフト候補で、「結果が出なくて苦しんだシーズンだけど、経験をプラスに変えたい」と今年を振り返り、大卒の同期が結構、プロで活躍していたので刺激になっています。もしプロに入れた時に彼らと差がついていないように、まだまだ成長したい」と、同じ学年の甲斐野投手や松本航投手などがプロで活躍する姿を見て、来年に向けての成長を誓った。

日本選手権が本日開幕、1日目の対戦カードと注目選手

2点リードの8回無死一、二塁から救援して同点にされたが、なおも2死三塁を空振り三振。9回2死一、三塁でも4番・小竹を145キロ直球で空振り三振に仕留めた。来秋のドラフトを見据える右腕は「結果が出なくて苦しんだシーズンだけど、経験をプラスに変えたい」と話した。

大卒の同期が結構、プロで活躍していたので刺激になっています。もしプロに入れた時に彼らと差がついていないように、まだまだ成長したい」と語った。


PAGE TOP