日本生命、三菱日立パワーシステムズ横浜が都市対抗出場

日本生命, 福地元春, 対馬和樹, 上西主起, 三菱日立パワーシステムズ横浜, 圓垣内学

 都市対抗野球近畿2次予選では第3代表決定戦が行われ、日本生命が都市対抗出場を決めた。また西関東2次予選では三菱日立パワーシステムズ横浜が第2代表で都市対抗出場を決めた。

世代交代の日本生命

 日本生命は昨年のドラフト会議で、柿田裕太投手、吉原正平投手、小林誠司捕手、井上晴哉選手と主力がごっそりと指名された。

 しかしベテランの佐川仁崇投手が第3代表トーナメント準決勝で1失点完投、そしてこの日の大阪ガス戦は完封勝利を挙げた。

また、井上晴哉選手に代わって主軸を打つ上西主起選手はこの日も3ベースヒットを記録、また183cmで遠投110mの強肩外野手・広本拓也選手の2本の2ベースなどで勝利した。

 昨年ドラフトで指名の可能性があった小田裕也選手など、選手層は厚い。

 

三菱日立パワーシステムズ横浜

 三菱日立パワーシステムズ横浜は、昨日は東芝に敗れたが、この日は鶴田祥平投手が先発し、リリーフで福地元春投手が締めて9-2で横浜金港クラブを下して都市対抗出場を決めた。

 福地投手は150km/hを超すストレートを投げる左腕で、主にリリーフとして登板しこの日も2回をノーヒット5奪三振で抑えた。

 昨日好投した野村亮介投手などプロ注目の投手陣がそろい、また打っては横浜創学館で4番として注目された圓垣内学選手が活躍を見せた。さらに捕手でも九共大で大瀬良大地投手を4年間リードした対馬和樹選手も、安定したリードを見せている。

 都市対抗では台風の目となりそうだ。

 

 先発した鶴田は7回2失点で踏ん張り「いつも通りに投げれば押さえられると思ってい
た。打たせて取る投球ができた」と振り返った。7回から2番手で登板した今秋ドラフト候補・福地は2回無安打5奪三振。九州共立大では大瀬良の1学年先輩だった左腕は「大瀬良は毎日のようにテレビに出ていて刺激になる。自分もプロを目指したい」と話した。


PAGE TOP