鳥巣誉議

社会人野球ドラフトニュース

社会人野球のドラフト候補、都市対抗で近本・神里級の活躍が見られるか

社会人野手は今のところ、ドラフト会議で指名確実として名前の挙がる選手はいない。ただし、それはレベルが低いのではなく、全員があと一つのきっかけでドラフトで指名という位置にいる。
大学野球ドラフトニュース

大学野球選手権2日目を振り返る

大学野球選手権2日目、侍ジャパン大学代表にも選出された野手などが、さすがのプレーを見せた。
大学野球ドラフトニュース

大学野球選手権出場チーム決定!展望と注目選手

6月5日から開催される全日本大学野球選手権の、全出場チームが決定した。簡単な展望と注目選手を書きます。
大学野球ドラフトニュース

上武大・島田海吏選手を福岡ソフトバンクが高評価、鳥巣誉議選手は打点王

福岡ソフトバンクが、上武大で熊本出身の島田海吏選手を高く評価していることが分かった。また同じく九州出身の鳥巣誉議選手は今季打点王の活躍を見せ、大学野球選手権での活躍が期待される。
大学野球ドラフトニュース

上武大が優勝、鳥巣誉議選手の2本のタイムリーと完封リレー

関甲新大学リーグは、上武大が6季連続となる30度目の優勝を果たした。鳥巣誉議選手のタイムリーなどで序盤から点差を広げ、プロ注目投手の完封リレーで7回コールド勝利での優勝だった。
大学野球ドラフトニュース

大学野球、ドラフト候補たちの活躍

首都大学リーグでは筑波大は147キロを投げる4年生のドラフト候補・大場遼太郎投手が東海大打線を6安打無失点に抑えて完封勝利を挙げた。日体大は3年生の150キロ右腕・東妻勇輔投手が、5安打15奪三振で初完投初完封。
大学野球ドラフトニュース

4月1日開幕・関甲新リーグに快足注目選手、上武大・島田海吏選手

センバツは今日準決勝、明日決勝が行われ、明日からはプロ野球が開幕する。また大学野球も多くのリーグが4月1日に開幕しそれぞれ球春を告げる。多くのプロ野球選手を輩出する関甲新リーグには、今年もプロから注目される選手がいる。
大学野球ドラフトニュース

名城大・栗林良吏が好投も上武大が上回る

明治神宮大会の上武大vs名城大、153キロを記録するという栗林良吏投手は最速は146キロどまりも、スライダー・コントロールが素晴らしく、さすが2年間でリーグ17勝の投手でした。
大学野球ドラフトニュース

白鴎大・中塚駿太投手などプロ注目選手の活躍

土曜日は各地でプロ注目選手が出場した。白鴎大の中塚駿太投手は上武大戦で5回1/3を投げて2安打2奪三振3失点という内容だった。
大学野球ドラフトニュース

上武大・長沢壮徒選手が2ランホームラン、寺沢星耶選手も好投

上武大が5-4で東北福祉大を下しベスト4に進出した。4番の長沢壮徒選手が初回に2ランホームランを放ち、2年生・寺沢星耶投手が好投した。